menu
閉じる
  1. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  2. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  3. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  4. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  5. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  6. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  7. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  8. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  9. いもうと(頼朝と政子)
  10. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
閉じる
閉じる
  1. 2年ぶりに更新(女頼朝)
  2. 神者依人之敬增威、人者依神之德添運(泰時・御成敗式目)
  3. アマカケル外伝vol.2 鞠子の話がやっと終わりました〜
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」5(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. 琥珀の龍紋―北条時政―あとがき<アマカケル外伝>
  6. イザヤ!鎌倉「江間家の段」4(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  7. 琥珀の龍紋―北条時政―最終話<アマカケル外伝>
  8. 琥珀の龍紋―北条時政―41<アマカケル外伝>
  9. 琥珀の龍紋―北条時政―40<アマカケル外伝>
  10. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
閉じる

頼朝好き・北条数寄FanSite「あづまがたり」

神者依人之敬增威、人者依神之德添運(泰時・御成敗式目)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リビドーロゼ

 

最近読んだ本で引用されていて、
いいな〜、と思った言葉に出会いました。

「神者依人之敬增威、人者依神之德添運」

「神は人の敬によりて威を増し
人は神の徳によりて運を添ふ」

(いかなる神も人間の崇敬をうけてこそ、その御威光を輝かすのであり、ご神威を高めるのは人の敬の力である。その人が人としての運、人としての生命を与えられるのは、神の徳によってであるという意味。)

                       『復活の龍王【八岐大蛇】降臨!』

元ネタは、泰時くんの『御成敗式目』に書かれている言葉だそうな。
全然知りませんでした。

頼朝さん、また信長さんとか家康さんもですけど
やっぱりちゃんと神を敬って多額の寄進をしてるんですね。

手入れの行き届いた神社はやはり良い気が充満していて居心地がよく
また、正しく行を行う人は神の加護を受けて良い運を引き寄せる

そんな感じでしょうか。

それにしても、まさかこんな所で泰時くんと出会うとは。

泰時の話も書きたいなとかほざいておきながら、
『御成敗式目』も読んでないとは、何事!!

・・・と怒られてる気分になりました(^^;

でもでも『御成敗式目』をまじめに読破しようと思ったら
トロイ私では、文を書く所までたどり着くには一生かかりそうなので

とりあえず、つまみ読みだけでお赦しいただこうかと〜

 

ちなみに出会ったこの本「復活の龍王【八岐大蛇】降臨!」は・・・なんというか壮大な本でした。

梶原景時くん、家康くん、将門さんに
菅原道真公(何故彼だけ敬称)が出てらして

草薙の剣に死反玉(まかるかえしのたま)まで登場した日には
もう、なんでもありあり。

ただ、江ノ島の弁天様が出て来たのが嬉しかったな。
六角堂も。
あと水戸の千波湖や奈良の大神神社など
馴染みのある所が出てきたのも嬉しかった。

今、ちょうど重時の話を書き直していたのですが
その中で、江ノ島から富士、伊富岐を経由したりとか
龍の玉が出てきたりとかするんですけど
この本の内容と共通点があって、びっくり・・・。

私はスピ能力は皆無で、ソレ系はまーったく見えないんですけどね。

今、龍が流行ってるようですね。
私もタイトルに「龍」とついた本を図書館で見つけると
片っ端から予約してしまいます。

怖いんだけど、なんか惹かれる。
そんな存在です。

私の好きな・・・というとおこがましいですが
また会いに行きたいなーと思う龍さんは

江ノ島の正面にいらした龍さんと
竹生島にいらした龍さんです。

また会えるかな。会いたいな。

 

関連記事

  1. 「真田十勇士」& 真田丸現地を訪ねて

  2. 書籍:日本史資料研究会「鎌倉将軍 執権 連署列伝」

  3. 初心者向け・現代語訳「吾妻鏡」

  4. 「魔女か天女か」中村ふみ「歴史感とスピード感と女流ならではの安心…

  5. 伝記「葛飾北斎」より、のだめと北斎に見る「天才」の汚部屋とプロ根…

  6. 書籍:「文章は書く前に8割決まる」

おすすめ記事

  1. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  2. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  3. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  4. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  5. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>

コメント

    • 2018年 7月 15日

    こんにちは。お元気そうでなによりです。
    アマテラスお疲れ様でした。最近忙しいので、長編は時間のあるときに、じっくり読ませていただきますね。

    重時のお話、楽しみです。やったあ。是非、私の第二の故郷の大学時代を過ごした京都へも遊びに来てくださいねー。重時のお話なら、京都がたくさん出てくるかと思うと楽しみです。
    三浦一族にはお手柔らかに(笑
    いや、他の三浦一族はいいんですけど、胃弱で豆腐メンタルな泰村さんには気持ちお手柔らかに…。って、冗談ですよー。私が泰村さんにちゃんとお薬用意してますからー。大丈夫ですよー。変なお願いしましたけど、私に遠慮なさらず、お好きにお書きくださいね。
    楽しみにお待ちしますね。ではでは。

      • やまの龍
      • 2018年 7月 19日

      桜さん、こんばんは。メッセージありがとうございます。
      毎日暑くてうだりますね。お忙しそうですが、どうぞご無理なさいませんよう。
      京都にお住まいだったのですね〜。今日の京都は39度超えたようですね。
      先週末、嵐山方面に行きましたが、まだマシだったんだなぁと。
      以前、洛北の千本釈迦堂大報恩寺に行きましたが、あちらの本堂は1227年創建時のままだそうで、1230年に六波羅探題北方に就任した重時も参拝したかも・・・なんて妄想して楽しんだ記憶があります。
      ちなみに重時話では京の風景をあまり書けてないです。ごめんなさい。八坂のあたりがちらっとくらい。
      また、三浦一族も泰村さんの出演はなかったり・・・義村さんと光村くんだけ(^^;
      三浦一族は、調べてみたらとても面白そうですよね。いつか泰時くんと絡めてお話考えてみたいです。
      あ、もう一個ごめんなさい。重時話、ラノベっぽいのがどうも気になって、いっそ児童向けにしちゃおうかと。
      というわけで、先に別のを公開しつつ修正しようと思っています。
      短編とかでも書けたらいいのですが、大好きな人だからかなんか書けない・・・。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 2年ぶりに更新(女頼朝)
  2. 神者依人之敬增威、人者依神之德添運(泰時・御成敗式目)
  3. アマカケル外伝vol.2 鞠子の話がやっと終わりました〜
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」5(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. 琥珀の龍紋―北条時政―あとがき<アマカケル外伝>
ページ上部へ戻る