menu
閉じる
  1. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  2. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  3. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  4. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  5. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  6. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  7. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  8. いもうと(頼朝と政子)
  9. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
閉じる
閉じる
  1. 琥珀の龍紋―北条時政―19<アマカケル外伝>
  2. 琥珀の龍紋―北条時政―18<アマカケル外伝>
  3. 琥珀の龍紋―北条時政―17<アマカケル外伝>
  4. 琥珀の龍紋―北条時政―16<アマカケル外伝>
  5. 琥珀の龍紋―北条時政―15<アマカケル外伝>
  6. 琥珀の龍紋―北条時政―14<アマカケル外伝>
  7. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  8. 琥珀の龍紋―北条時政―13<アマカケル外伝>
  9. 琥珀の龍紋―北条時政―12<アマカケル外伝>
  10. 琥珀の龍紋―北条時政―11<アマカケル外伝>
閉じる

頼朝好き・北条数寄FanSite「あづまがたり」

北条重時という人物(考察・想像・物語)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リビドーロゼ

 

前回、「北条重時という人物(史実・偉業・家系)」で
北条義時の三男・北条重時くんをご紹介しましたが、

今回は、時代背景や吾妻鏡などを読んでの、
やまの龍の人物考察などについて書きたいと思います。

当時、東国武士には文盲(読み書きの出来ない者)も結構いました。
だから、積極的に勉強する派と、武だけを追及する派に分かれたんですね。

和田義盛などは、完全に武断派。(戦国時代の福島正則・加藤清正など)
梶原景時などは、文派。(言わずもがな、石田三成)

鎌倉幕府が開かれたことによって、文派が大きく力を伸ばします。
京との文のやり取りやら、様々な取り決めは、どうしても文書に残したりが必要ですからね。
また、頼朝自身が勉強家だったこともあります。

だけれど、義時や泰時など、北条氏はいずれも文派です。
元々、北条氏の所領だった伊豆国、現在の韮山付近は、交通の要所でした。そこを治めていたということは、やはりそれなりに京との関わりも強く、

北条重時くんは、当時の武士としてはちょっぴり変わっていました。

彼の残した『六波羅殿御家訓』『極楽寺殿御消息』を読んだ所感ですが、
所謂「武士!」っぽさがないんです。

歴史的にも、穏健派として有名だったようです。
京にも鎌倉にも人望があって、人気者だったみたい。

 

実は、ここが重時くんの物語を書くのでネックになりました。

重時くんは京育ち。貴族として暮らしてたので、
いわゆる『一夫多妻制の人』なんですよ。

奥さんや子供が色々たくさんと……
それゆえの苦労でもあったのか、彼は自分の家訓の中で言ってます。

『妻をよくよく見て一人を定むべし』

うーん。まず実践して欲しかったけどね。。。

正室:苅田義季の娘
継室:平基親の娘
側室:筑前局
側室:少納言

それぞれの奥さんに男の子。揉める原因ですな。
重時くんはうまく揉めずに済ませますが、きっと苦労はしたんでしょうね。

 

<重時くんの長兄・三代執権泰時くん>

泰時くんも重時くん同様に穏健派で、
だからこそ『御成敗式目』のような
・秩序だってて
・人情味にも溢れてて
・文をあまり知らない人達にもわかりやすい
そんな法律が作れたのだと思います。

……ということは、
彼らの父である義時さんこそが、穏健派だったんだろうなぁ。
そのように子育てをしたんだろうなあぁと思わずにいられません。
子は親を見て育ちますからね。

<重時くんの父・二代執権義時さん>

義時はずる賢い、という悪人説も多いですが、
私は、彼は穏健派の正義感溢れる人道家だったと妄想しています。
大河「草燃える」は面白いですけどね。

海千山千の京方や、荒くれ坂東武者達と渡り合うには
優しいばかりでは勿論なかったでしょうけどね。

<重時くんの腹違いの弟・政村くん>

ちなみに泰時や重時らの腹違いの弟、政村くんも
後に、母関連の陰謀に巻き込まれますが、
その大人しい害になりそうにない性質からなのか、
罪には連座されずに赦されております。

<重時くんの同母兄・朝時くん>

ただ、重時くんの同母兄である朝時くんは情熱的な子だったようで、
色々オイタをしては、将軍や父上から蟄居をくらったり
後にはお家騒動を起こしそうになりますが、
それでも何とか無事に生ききります。
ですが、その子孫は……。

兄弟ってやっぱり難しいですね。

 

さて、色々脱線してますが
重時くんの出てくる本やお話について書きます。

実は、重時くん出演の本、資料はムッッチャ少ないんです。
漫画の中とか、チョイ役ならありそうでしたが、
主人公とかって無い! あんなに面白い人なのにっ!

参考資料も検索しまくりましたが、無いったら無いんです!
とりあえずすぐにわかったのは以下の2冊。

「北条重時」(森幸夫・著)

クリックするとAmazonに飛びます

「武家家訓・遺訓集成」(小沢富夫・著)

クリックするとAmazonに飛びます

「重時」で検索して出て来たのはこの2冊だけ。
中身は歴史考ばかりで、重時本人の人格について
特に子供時代から若い頃については資料ほとんどなし。

もちろん、小侍所の長官になった後や六波羅探題に就任した後には
「吾妻鏡」に彼の名はたくさん出ますが、それはまぁ置いておいて。

歴史家の方、重時くんには興味ないんでしょうか?

でも、この重時くん。なっかなかの人物なんですよ。
武将・著名人の名言集に、いくつか語録が残っておりました。

 北条重時、名言集へ(そのうちリンク張ります)

また、和歌も多少残っているようです。

 北条重時の和歌へ(そのうちリンク張ります)

 

関連記事

  1. 北条重時、六波羅探題北方

    北条重時という人物(史実・偉業・家系)

  2. 六波羅殿家訓・極楽寺殿御消息

    「六波羅殿家訓」の解説・解釈と重時の人物像

おすすめ記事

  1. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  2. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  3. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  4. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  5. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 琥珀の龍紋―北条時政―19<アマカケル外伝>
  2. 琥珀の龍紋―北条時政―18<アマカケル外伝>
  3. 琥珀の龍紋―北条時政―17<アマカケル外伝>
  4. 琥珀の龍紋―北条時政―16<アマカケル外伝>
  5. 琥珀の龍紋―北条時政―15<アマカケル外伝>
ページ上部へ戻る