menu
閉じる
  1. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  2. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  3. いもうと(頼朝と政子)
  4. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  6. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  7. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  8. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  9. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  10. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
閉じる
閉じる
  1. 2年ぶりに更新(女頼朝)
  2. 神者依人之敬增威、人者依神之德添運(泰時・御成敗式目)
  3. アマカケル外伝vol.2 鞠子の話がやっと終わりました〜
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」5(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. 琥珀の龍紋―北条時政―あとがき<アマカケル外伝>
  6. イザヤ!鎌倉「江間家の段」4(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  7. 琥珀の龍紋―北条時政―最終話<アマカケル外伝>
  8. 琥珀の龍紋―北条時政―41<アマカケル外伝>
  9. 琥珀の龍紋―北条時政―40<アマカケル外伝>
  10. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
閉じる

頼朝好き・北条数寄FanSite「あづまがたり」

あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リビドーロゼ

 

あづまがたり ー 頼朝と政子の出逢い ー

 

呆然と空を見上げた。

「ここは、どこだろうな」

戦に負けて都を出て。
父や兄ともはぐれてただ一人、馬と会話していたあの日と同じ。

源前右兵衛権佐頼朝。
後に鎌倉幕府を開く源頼朝は、その運命の時よりも二十年も前、
流刑地である伊豆国に向かう途中で途方に暮れていた。

 

ー あづまがたり ー

 

勇猛果敢な長兄に比べて弓は今ひとつ、馬も下手。
でも母の血筋から、三男である自分が嫡男だと言われ育ってきた。
それが重荷にならなかったとは言わない。

でも、だから、せめても学問くらいはと幼い頃より励んで来たのだが、そんなもの、あの日のあの戦においては何の役割も成さなかった。

そして今も。

空は高く、無駄に良い天気。
だが、気は霞んで陽の光を乱反射させ、熱が身体に届かない。
風は生温くさわさわと頬を撫で掠めるが、じわじわと真綿で首を絞められているような閉塞感が増すばかりだった。

「そなたも腹が空いたよな。どこか、村のものに食べ物を貰いに行こうか」
馬の首筋を撫でて話しかける。

でも、馬はもう一歩も脚を前に踏み出さなかった。
ぬかるみに脚を取られ、幾度か持ち上げはしたものの、今はもう諦めて、ただ脚を突っ張るばかり。

遠い京から遠流先の伊豆までの長い旅。
疲れ切って、まるで気力を無くしていた。
撫でてもなだめすかしても、もう目すら合わない。

もう既に日は緩やかに西に傾きかけている。辺りはすぐに闇に包まれるだろう。
どこか屋根のある所を探さなくてはいけない。
なのにどこに行っていいのか、当てすらなかった。
京からここまで連れて来てくれた者とはぐれ、頼朝はただ一人、馬と共に野盗に殺されるのを待つ運命にあった。

どうせならあの時、殺してくれれば良かったのに。
つい、自棄になってそんなことを考えてしまう。
敗者として首を落とされた方が、野盗に嬲り殺しにされるより、ずっと名誉なこと。

腰の刀に手を伸ばす。
そうすれば、この源氏の名刀「髭切」も賊の手に落ちずに済んだ。

何故、六波羅殿(平清盛)は自分にこの刀を戻したのか。
あの時、取り上げられても不思議はなかった。
なのに、何故……。

 

「何してるの?」

尋ねる声に、びくりと肩を震わせ振り返る。
そこには黒々とした大きな目を見開いた少女が立っていた。

まだ年幼い少女。
賊の類ではないことに、頼朝はほっとしながらも
そんな弱気な自分を恥じて口を引き結んだ。

「どうしたの?」

重ねて問われるが、頼朝は無言のまま少女を見返した。
どう答えていいのかわからなかったのだ。
ずっと貴族として守り育てられてきた。
身分の下の者から、このように話しかけられたことなどない。

「ずうっとそこに立ってるでしょ。困ってるんじゃないの?」
しつこい。
でも、代わりに口を聞く供の者はいない。

仕方なく頼朝は口を開いた。
「馬が脚を取られたのだ」
それ以上話しかけてくるな、とぶっきらぼうな言い方で。
でも少女は物怖じしなかった。
「そう。あなたも?」
頼朝は眉を寄せた。
自分が足を取られた? そんなことあるものか。

頼朝は問いには答えず、足をぬかるみから持ち上げると側にあった岩の上に上がり、ぷいと横を向いた。
「良かった。あなたは大丈夫ね」
少女は笑顔を見せた。

「ねぇ、お腹が空いたのではない?」
親しげに話しかけてくるが、頼朝は返事をしなかった。
確かに腹は空いていたが、この少女にそれを気取られたくもない。
「平気だ。去れ」
短く、小さく呟く。
こんな、身分も低く、年幼い少女に同情される自分が惨めでたまらなかった。

そんな頼朝の足元のぬかるみをカニがハサミを上げて通っていく。ゴカイがぬめぬめと蠢いて泥の中に隠れていく。
さかさかと横に走るカニの行く先をぼんやりと眺めていた頼朝の視界の中に一羽の白い小鷺(こさぎ)がさっと舞い降り、黒いくちばしでカニを啄んだ。頼朝は驚いて頭を上げた。しかし、その頼朝の目の前でもっと驚くべきことが起きた。

カニをくわえた小鷺が羽を開き、音もなくまた飛び立とうとした瞬間、その上空から一羽の大鷹が小鷺の上にばさりと舞い降りたのだ。大鷹は小鷺の白い両肩にその長く鋭い爪を食い込ませ、小鷺を地に縫い留める。
肩を押さえつけられながらも必死に首をもたげ、くちばしを鷹に向けて何とか逃れようとする小鷺。
だが大鷹は自身の鋭く尖ったくちばしで小鷺の頭を突つき、一切の抵抗を許さなかった。

一瞬の間に起きたその一連の出来事と勝敗の決着を、頼朝は声も出ずに見守っていた。
ふと横を見たら、少女もその様子を眺めていた。黙って。
でも、それは静かな横顔だった。

「驚かないのか」
気付けば、頼朝の方から声をかけていた。
すると少女はちらと頼朝を見た。
「どうして?」
何の不思議もないような顔。
この辺りの住人にとって、この風景は当たり前なのだろうか。
「あの白い鳥は自分を狙ってる大きな鳥に気付かなかったのよ」
真っすぐで強い瞳。

大鷹が狙っているのに気付かないのが悪い。

確かにそうだ。
平治の乱。
後白河院、二条帝という大鷹が、それぞれ互いの縄張りを争っていた。
そして摂関家、藤原氏という貴族もその中で蠢いていた。
では、小鷺は誰だったのだ? 信西入道か?
そんな中に武士である、父の源義朝と平清盛がいた。
武士など、きっとカニでしかなかったのだろう。

なのに父・義朝は大局を見ず、気付かず、そそのかされて力を貸した。
官位を授かり有頂天になって蜂起した。

そして自分は……
自分はその父のついでに官位を授かっただけだ。
何も考えずに言われるままに馬に乗り、東に西に移動していたに過ぎない。

官位など
官位など何になる。

頼朝は鳥から目を逸らした。

 

「馬さん、ほら、こっちを向いて」
ふと少女を見たら、彼女はどこから取り出したのか人参を手にしていた。
馬が僅かに目を動かす。

「こっちよ。こっち」
少女は馬の鼻面に向けて人参を差し出し、誘うように振る。
馬は人参と少女の顔とを見比べているようだった。
でも明らかに興味を引かれた様子で、脚こそ動かないものの、その目には力が戻ってきていた。

その時、「あ」という声と共に、ぱたぱたと軽い足音が響いた。
「初ったらこんな所にいた。勝手に行っては駄目とあれ程言ったのに!」
咎めるような口調の声が背後よりかかる。
振り返れば、先の少女よりは少し年かさの少女が籠を手にこちらに向かっていた。
でも頼朝の姿を見た途端にその少女は足を止め、籠をしっかりと胸に抱えて警戒の色を示す。
思わず、頼朝は顔を隠すように背けていた。

「八重さま」
幼い声が親しげに響く。ぱたぱたと遠ざかる足音。
「もう! 急にいなくなるから心配したのよ。先に行っては駄目でしょう?」
「だって、この人が困っているのが見えたんですもの」
「困って?……どなたなの?」
「知らないわ。でも、馬が脚を取られてしまったんですって」
二人の会話が小さく聞こえる。

「あの」
ためらいがちにかけられる声。
仕方なく首だけを横に向けると、年かさの少女がおずおずと口を開いた。
「もしかして源前右兵衛……えーと……」
驚いて顔を上げる。
少女は「えーと、えーと」と懸命に思い出そうとしていた。
頼朝は口を開いた。
「源前右兵衛権佐頼朝」
「あ、そう、それです」
年かさの少女がぱん、と嬉しそうに手を合わせた。
「その頼朝様ですか?」
普通、身分の下の者が相手の名前を呼ぶことは失礼に当たる。
でも、この少女はきっとそんなこと知らない。
頼朝は軽く首を下に曲げた。頷きにも否定にも見える微妙な角度に。

「父が話をしていました。京からお客様がいらっしゃると」
お客?
頼朝は驚く。
「客であるわけがない。流人の間違いではないのか?」
つい、そう答えてしまう。
それから、そんな自分が恥ずかしくなって顔をまた背けた。
「いえ、父はそう言っていました。さるお方からお預かりするのだと。
さっき兄が迎えに出たはずなのですが、きっと行き違ってしまったのですね」

「良かった」と心から嬉しそうに言葉を紡ぐ少女に、頼朝は言葉を返すことが出来なかった。
耳が熱くなっていた。きっと顔も赤くなっている。

恥ずかしかった。
こんなにも心細く、自棄になっていた自分が。
そして嬉しかった。
自分という人間を知って、待ってくれている者の存在が。

頼朝は涙が零れそうになるのを我慢して、広がる風景を無言で見据えた。
ふと気付けば、ここは川の中州のようだった。
低湿地になっていたのだ。
こんな所なら馬が脚を取られてもおかしくない。
何故、自分はこんな所を歩かせたのだろう?

小鷺はもう頭を上げなかった。
鷹はこちらのことなどまるで気にならない様子で、小鷺の白い毛をくちばしでむしり始めていた。

頼朝は気恥ずかしさをごまかすように、ただ鳥の闘いを眺めていただけのように振る舞った。
「運のないカニだ。もう少し逃げ延びていれば助かったのに」
食された小鷺の栄養になることもなく、ただ意味も無く死んだカニ。
その惨めな姿は、本来自分が取るはずだった道のように思えた。

皇族の、貴族同士の権力争いに巻き込まれ、ただ利用されて死んだ父。
そのような事情をよく知らないまま、何も考えないまま、言われるままに初陣に出た自分。
本来は父と兄と一緒に死ぬはずだったのに、父や兄とはぐれて生き延びた。
でも。

その時頼朝の心をよぎったのは、あの日、引き出された前で見た六波羅殿(平清盛)の冷たい眼差し。
あれを思い出すと、心が凍る。

自分はもしかしたらこの伊豆の流刑地で人知れず殺されるのかもしれない。
池禅尼の手前、京では殺せなかっただけなのかもしれない。
そうだ。
まだ油断してはならない。
「お預かりする」などと言って首を取られ、また首だけ都に帰るのかもしれない。
そう、父が家臣の裏切りにあって殺されたように。

「そうかしら、本当にあのカニは食べられてしまったのかしら?」
幼い方の少女が口を開く。
頼朝は目だけを少女に向けた。少女は続ける。
「逃げたんじゃないのかしら?口から飛び出して」
それから年かさの少女を見上げて同意を求める。
「ね?」
年かさの少女も頷いた。
「ええ、そうね。狩野川にはカニの主様がいらっしゃるものね」
聞き慣れない言葉に、頼朝は思わず聞き返していた。
「カニの主様? 何だそれは?」
年かさの少女が微笑んで答える。
「この狩野川には、カニの主様がいらっしゃると言われているんです」
大真面目な顔で頼朝を見つめる少女達。

「主様はすごいのよ。身体の大きさが三尺もあって、でっかいハサミで鳥をやっつけてしまうの」
頼朝は呆れる。三尺なんて言ったら、この少女の背丈とも変わらないではないか。
恐らく、どこの地域にもある土地の動物信仰の一つなのだろう。
黙る頼朝を気にせず、幼い少女は生き生きとした笑顔で続けた。
「主様以外のカニは小さいんだけど、主様と力を合わせれば鳥だってやっつけられちゃうのよ。ね、すごいでしょ?」
まるで自分も小さなカニにでもなった気持ちになっているようだ。
「主様なら、あの鷹だってやっつけちゃうわ」
そう言うと、少女は馬の手綱をぐいと引いた。
「さ、お家へ帰りましょ」
その途端、馬は重い脚を泥の中から持ち上げた。
小さな少女の力が馬の脚を動かす。
跳ねる泥に少女は笑った。
「そら、ご褒美よ」
言って、少女は人参を馬に与える。
ゴリゴリと馬が食む音が辺りに響いた。それは命の音。

「そなたの妹か?」
呟いたら、年かさの少女は首を横に振った。
「いいえ、あの子は私の姪です。北条に嫁いだ姉が生んだ初姫ですわ。今、姉は出産で戻っているのです」
二人の会話が聞こえたのか、初姫と呼ばれた幼い少女が振り返った。
「私は初じゃないわ。政子と呼んでよ、八重さま」
おしゃまな口調に、八重と呼ばれた少し年かさの娘が苦笑する。
「北条三郎時政殿の初姫だから政子なのだと自分で申しているのですわ」
そう話す八重の視線の先で、政子は「あ」と声を上げた。
「ほら、今日も富士のお山はとっても綺麗よ」

政子の指差す方、白く冠を被った美しい山がそびえていた。
「ああ、あれが富士の山か」
ぼんやりと答えた頼朝に、八重と呼ばれた少女は噴き出した。
何故笑われたのかわからずに首を傾げたら、八重は笑いを収めて遠く西の方を指差した。
「だって京からいらしたのでしょう? 途中ではここよりもずっと大きく見えたはず。ご覧にならなかったのですか?」
そう問われ、自分がずっと下を向いていたことに気付いた。
「ああ。きっと周りを見る余裕がなかったんだな」
「そんなに急いでいらしたの? 慌てんぼうさんね」
おしゃまな声が被る。
「そうだな。急いでいたようだ」
頼朝は笑った。
戦で敗れてから、やっと初めて笑うことが出来たような気がした。

その時、後ろから声がかけられた。
「もしや源前右兵衛権佐殿ではございませんか?」
振り返れば、そこには自分と同じ歳くらいの少年が馬を引いて立っていた。
「兄さま」
八重が立ち上がり笑顔を見せる。政子も立ち上がった。
少年は一礼をすると名を名乗った。
「伊東次郎祐親の嫡男、三郎祐泰と申します。お迎えに参りました」
武装していない。刀を帯びてはいるが、でもそこに殺気はまるでなかった。

「伊豆国へようこそ」
からりとした笑顔で少年は手を差し出した。
「ようこそ」
「ようこそ」
少女二人も声を合わせる。

伸ばされた手を掴んで、頼朝は答えた。
「源……いや、三郎頼朝だ。よろしく頼む」

殺されるなら、きっとそれまでの運。
そして、生かされるなら、きっとそれも運。

それから二十年後、頼朝は伊豆で挙兵する。

 

源頼朝14歳。
北条政子4歳。

伊豆、蛭ヶ小島。
鎌倉以前のお話。

 

あづまがたり頼朝と政子の出逢い

 

 

ー 終 ー

 

 

ひとこと

頼朝の身柄を最初に預かった伊東氏と、後に預かった北条氏は親戚同士。
ということは、頼朝と政子の接触もあったに違いない!
その年齢差10歳。妄想が広がりますわ〜。

今更ですが、
この話を最初に書いた時、混同してて間違えました。
蛭ヶ島には八重ちゃんはいません!三郎くんも。
でも直しようがなくてとりあえずこのままUP!

 

関連記事

  1. 琥珀の龍紋―北条時政―6<アマカケル外伝>

  2. とかじり小四郎 ―北条義時―2

  3. とかじり小四郎 ―北条義時―37

  4. 琥珀の龍紋―北条時政―18<アマカケル外伝>

  5. 琥珀の龍紋―北条時政―28<アマカケル外伝>

  6. いもうと(頼朝と政子)

おすすめ記事

  1. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  2. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  3. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  4. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  5. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 2年ぶりに更新(女頼朝)
  2. 神者依人之敬增威、人者依神之德添運(泰時・御成敗式目)
  3. アマカケル外伝vol.2 鞠子の話がやっと終わりました〜
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」5(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. 琥珀の龍紋―北条時政―あとがき<アマカケル外伝>
ページ上部へ戻る