menu
閉じる
  1. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  2. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  3. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  6. いもうと(頼朝と政子)
  7. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  8. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  9. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  10. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―14
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―13
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―12
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―11
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―10
  7. B’zコンサート音漏れとAugustRush、安室奈美恵ラストライブ
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―09
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―08
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―07
閉じる

頼朝好き・北条数寄FanSite「あづまがたり」

アワの夢『 北条政子の夢買物語 』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

橘アワ夢


アワの夢 『 北条政子の夢買物語 』

妹が見た「太陽と月と橘」の夢を買った北条政子。
以来、喋るキツネが現れて彼女を思わぬ道へと引きずっていく。
兄への密かな恋心を秘めながら母代わりとして北条を守る政子の前に
いけ好かない遊び人、源頼朝が現れる。
鎌倉以前、伊豆での北条政子の恋のお話です。

 

前文
一.「妹の見た夢」
二.「ゆき遅れた女」
三.「馴染む香り」
四.「不二のお山」
五.「西の都と北の都」
六.「甲州の男」
七.「二人の若武者」
八.「大嫌いな男」
九.「良い面構えの女」
十.「闘鶏の鳥の叫び」
十一.「譲られた白キツネ」
十二.「宛先違いの恋文」
十三.「未来のともがら」
十四.「甲斐の龍と伊豆の龍」
十五.「番犬」
十六.「将を射んと欲せば」
十七.「父の後妻」
十八.「迷い路の夢」
十九.「アワの呪歌」
二十.「初なること」
二十一.「白キツネの悪戯」
二十二.「不完全なるヒト」
二十三.「幸不幸」
二十四.「読経の眠り歌」
二十五.「罠と仕掛けと襲撃者」
二十六.「拒絶」
二十七.「欲」
二十八.「同志」
二十九.「刹那」
三十.「都の女」
三十一.「火水か火油か」
三十二.「嘘」
三十三.「太陽と月」
三十四.「八幡大菩薩の子」
三十五.「勅命の地鳴り」
三十六.「遠く近くの戦」
三十七.「櫛の約束」
三十八.「アワと安房と泡」
三十九.「はつ」
四十.「兄の手」
四十一.「ゆめものがたり」
あとがき

 

注)これは、やまの龍が書いた歴史小説です。
史実などを参考に書いていますが、妄想コミコミです。

LULUSIA-ルルシア-

関連記事

  1. 北条政子の夢買物語 41

  2. 名こそ惜しけれ(頼朝と政子)4

  3. 北条政子の夢買物語 13

  4. とかじり小四郎 ―北条義時―23

  5. とかじり小四郎 ―北条義時―11

  6. 北条政子の夢買物語 15

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  3. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  4. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  5. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―14
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―13
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―12
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―11
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
ページ上部へ戻る