menu
閉じる
  1. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  2. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  3. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  4. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  5. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  6. いもうと(頼朝と政子)
  7. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  8. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  9. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  10. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―15
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―14
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―13
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―12
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―11
  6. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―10
  8. B’zコンサート音漏れとAugustRush、安室奈美恵ラストライブ
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―09
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―08
閉じる

頼朝好き・北条数寄FanSite「あづまがたり」

イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「江間家の段」
出演:江間小四郎(北条義時)、真朝(姫の前)、畠山重忠、源頼朝、北条政子(キャラは拙著「とかじり小四郎」より)

ー その3 ー

LULUSIA-ルルシア-

 

 真朝は口をつぐんだ。いたずらの過ぎる妻だが、本来はとても頭の良い女だ。いい加減わかっているだろう。ただギリギリの攻防を楽しんでいるだけだ。その瀬戸際がそろそろだと知らせる。

「……わかったわ」

 真朝の声が低くなる。ほっと小四郎が息をついた途端、真朝が顔を上げた。

「私も一緒に参内するわ。すぐですもの。いいわよね。御所に着いたら続きをしましょ?」

 江間の館は、将軍家使いっ走り、もとい家子筆頭としての江間小四郎の立場上、いや便宜上、御所のすぐ脇にある。確かにとっても近い。だが……

「くっついたまま御所の中を歩けと?」

「そうよ。別にいいでしょ。新婚だし」

 頭を抱える。

「……勘弁してくれ」

「じゃあ私、御所様にメール(文)しとくから」

「……何と書くつもりだ」

「え、そうね。『激しい絡みで離れがたい為、ちょっと遅刻します』って」

 しつこいが、けっして断じて絶対に、艶めいた話ではない。

 小四郎は羽織っていた直垂からサッと袖を抜いた。とかじった紐と髪を指でしっかりと支えつつ、直垂にふわりと風を入れ、真朝の頭をそっと優しく覆う。そしてその中に自分も頭を入れた。

「え? なに?」

 しっ、と自分の人差し指を妻の唇にそっと当て、黙らせる。

「俺が戻るまで、そのままでいろ」

 大きな瞳が直垂の陰で子鹿のように黒々と濡れて艶めく。

「でも」

「許す。一日ここに潜んでいろ。部屋から出るな」

「髪は」

「ああ、俺が戻ったら続きをしよう」

 何か言うべく口を開こうとするのを、顎を軽く持ち上げ唇を塞いだ。言葉もろとも小四郎の中に取り込むように強く吸い込み、それからそっと解放する。

「待ってろ」

 それだけを告げ、静かに、だが風のように速く部屋から飛び出た。そのまま元の自分の部屋へダッシュする。

「あ、殿、朝餉は……」

 途中、下女が声をかけるのを、膳を一つ部屋へ運ぶよう命じ、真っ先に手が掴んだ直垂を適当に引っ掛けて館を出た。

 

次ページ

 

とかじり小四郎目次へ

関連記事

  1. 北条政子の夢買物語 7

  2. 琥珀の龍紋―北条時政―10<アマカケル外伝>

  3. 名こそ惜しけれ(頼朝と政子)5

  4. とかじり小四郎 ―北条義時―24

  5. 北条政子の夢買物語 34

  6. 腑抜けの三郎―北条重時―14

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  3. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  4. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  5. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ

コメント

    • 2018年 6月 13日

    何度もすみません。
    二人ともすっごく可愛いです。イラストも毎回でなんて贅沢なんでしょう。
    あなた様の描かれる男性の横顔、ホントに好きです。
    あのう、畠山重忠さんも出てきてくださると期待していいのでしょうか?それにしても、あの堅物のご夫婦仲もなかなか気になりますね。
    では。また遊びにきますねー。失礼いたします。

      • やまの龍
      • 2018年 6月 17日

      横顔、本当ですか?むっちゃ嬉しいです(:▽:)
      描き分けできず皆一緒になるし、いや同一人物も別人になるし…。なのにそう言っていただいて恐縮ですが、でも嬉しいです。頑張って精進します〜
      はい、次回は重忠さんも出てきます〜。いや、でも怒られるレベルかも(汗
      重忠さんは私もとても好きな方で、でも別な意味で愛してて、キャラ崩壊をばしてます(^^;ご容赦をば。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―15
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―14
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―13
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―12
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―11
ページ上部へ戻る