menu
閉じる
  1. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  2. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  3. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  4. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  5. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  6. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  7. いもうと(頼朝と政子)
  8. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  9. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
閉じる
閉じる
  1. 琥珀の龍紋―北条時政―19<アマカケル外伝>
  2. 琥珀の龍紋―北条時政―18<アマカケル外伝>
  3. 琥珀の龍紋―北条時政―17<アマカケル外伝>
  4. 琥珀の龍紋―北条時政―16<アマカケル外伝>
  5. 琥珀の龍紋―北条時政―15<アマカケル外伝>
  6. 琥珀の龍紋―北条時政―14<アマカケル外伝>
  7. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  8. 琥珀の龍紋―北条時政―13<アマカケル外伝>
  9. 琥珀の龍紋―北条時政―12<アマカケル外伝>
  10. 琥珀の龍紋―北条時政―11<アマカケル外伝>
閉じる

頼朝好き・北条数寄FanSite「あづまがたり」

琥珀の龍紋―北条時政―8<アマカケル外伝>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

 転機が訪れたのは京に上がって大分時が過ぎた冷たい雨の夜のことだった。

 ある貴族の牛車が都の外れで立ち往生し、野盗に襲われかけた場に行き会ったのだ。

 野盗と言っても老いて痩せこけた小男二人。四郎が一喝し腰に差していた長物の柄に手をかけただけで、風に煽られた古いむしろのように、さぁっと飛んで逃げていった。

「なんだ、あれは」

 よくよく男らの後ろ姿を見ると、彼らが手にしていたのは今にも折れそうな細い木の枝。

 都には薪にするような丸太すらないのか。奥歯を食いしめれば、口の中にたまった砂埃が苦い音を立てた。

 小路の端で傾いて往生していたのは、見たこともないくらい立派な牛車だった。

 下手な邪魔などせず、先程の野盗達に多少は追い剥ぐ機会を与えてやれば良かったかなどと不穏なことを考えてしまう。

「若様」

 牛車の横で震えていた男が声を上げ、四郎は慌ててその不穏な考えを頭から追いやった。牛車がきしむ音がして一人の男がおりてくる。

 礼を言いに牛車から下りてきたのは一人のまだ若い男だった。

 たまに目にすることのある貴族の男達とはどこか何かが違う。その理由はすぐにわかった。

 

次ページ

歴史小説リスト

関連記事

  1. tokajiri-horse2

    とかじり小四郎 ―北条義時―5

  2. アワの夢「北条政子夢買物語」

    北条政子の夢買物語 10

  3. tokajiri-horse2

    『 とかじり小四郎 ―北条義時― 』前文

  4. amber

    琥珀の龍紋―北条時政―7<アマカケル外伝>

  5. アワの夢「北条政子夢買物語」

    北条政子の夢買物語 28

  6. nakoso8

    名こそ惜しけれ(頼朝と政子)8(終)

おすすめ記事

  1. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  2. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  3. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  4. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  5. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 琥珀の龍紋―北条時政―19<アマカケル外伝>
  2. 琥珀の龍紋―北条時政―18<アマカケル外伝>
  3. 琥珀の龍紋―北条時政―17<アマカケル外伝>
  4. 琥珀の龍紋―北条時政―16<アマカケル外伝>
  5. 琥珀の龍紋―北条時政―15<アマカケル外伝>
ページ上部へ戻る