menu
閉じる
  1. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  2. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  3. いもうと(頼朝と政子)
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  6. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  7. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  8. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  9. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  10. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
閉じる
閉じる
  1. 2年ぶりに更新(女頼朝)
  2. 神者依人之敬增威、人者依神之德添運(泰時・御成敗式目)
  3. アマカケル外伝vol.2 鞠子の話がやっと終わりました〜
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」5(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. 琥珀の龍紋―北条時政―あとがき<アマカケル外伝>
  6. イザヤ!鎌倉「江間家の段」4(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  7. 琥珀の龍紋―北条時政―最終話<アマカケル外伝>
  8. 琥珀の龍紋―北条時政―41<アマカケル外伝>
  9. 琥珀の龍紋―北条時政―40<アマカケル外伝>
  10. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
閉じる

頼朝好き・北条数寄FanSite「あづまがたり」

10月締切「歴史浪漫文学賞」に応募

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月末〆切の「歴史浪漫文学賞」に応募しました。

郁朋社 歴史浪漫文学賞
http://www.ikuhousha.com/prize16a.htm

歴史浪漫文学賞

 

今回は、頼朝さんと政子ちゃん。
それから架空人物で、政子ちゃんのお兄ちゃんを出しました。

北条の家系ってイマイチ不明だし
時政さんは四郎だし。
色々妄想を広げてみました。

 

リビドーロゼ

 

400字詰め原稿用紙
200枚〜500枚のところ、
408枚分。

本当はこれ、9月中に終わらせて別のに出そうと思ってたんです。
でも、9月後半は激忙しく無理、と。
それに9月後半締切のものはどうもカラーが違うな、と。

で、10月末なら余裕だろうと思ったら甘い。
甘かった。
最後までかなり煮詰まってました。

仕事が変わったばかりで時間がなかなか取れなかったこともある。

冒頭部分はかなり時間をかけてたのでいいんですが、
最後の辺りは色々と扱いが粗雑になってしまいました。

今回のテーマはエロス。
ってワケでもないんだけど、なんか書いてるうちに
そんなんばっか多くなって自分でもビックリ。

ひどい目にばっか遭うヒロイン政子ちゃんと
意外に純情な頼朝さんのラブがテーマです。
あとスレちまった政子ちゃんのお兄ちゃんとね。

なんだけど、本当に書きたかったのは蛙と田んぼ。
伊豆の原風景。
里山と田園風景は、日本人の心のルーツでしょ。

 

今回の募集内容は、タイトル通り「歴史浪漫」

「古代から昭和20年代までの日本を舞台にした歴史小説・人物伝・評論等を募集。
日本語で書かれた未発表オリジナル作品に限る。」

時代小説で求められるのは、やっぱり江戸時代が多い気がするんですが
(読者が多いのでしょうし、映像化もしやすいんでしょうね)

今回は古代から昭和20年までいつでもOK!
鎌倉オンリーな私には涙が出るような設定です。

「日本人の心のルーツを探るべく時代を遡り、
独自の視点で歴史を再検証した
斬新かつ学術的な文学作品」

はう〜。

そこは敷居が高いんですが、ま、それはそれ。
書かせていただき1ページだけでも読んでいただく機会があるってだけで
感謝感謝の御の字ですよ。

……なんだけど、やっぱ独自の視点って大事ですよね。

鎌倉時代の、それも北条政子を扱おうとすると
もんのすごく固定イメージが出来てるんですよね。

超嫉妬深〜い鬼嫁
子供&孫すら殺すオッソロし〜い尼将軍

あとは
NHK大河の「草燃える」の岩下志麻さんの政子。
つまり、永井路子さんの政子。

近いところだと、杏さんの政子ちゃんですか?

でも、TVの政子さんはいいんです。
いいんですが、

それ例外の男性陣の書く政子って本当最低!
女をわかってないにも程がある!(男性だから当たり前か)
参考にと借りた図書館の本を何度破り捨ててやろうと思ったことか。

そんな怒りのメッセージを込めて
今回は違う政子を書いてみました。

異論反論ありましょうが、
「歴史浪漫」だから史実と違っていいのよね?
独自の視点だしね。
うん。

でもね、やっぱり永井路子さんの影響って大きい。
あれから脱するのは相当ですよ。
無理無理。

NHK大阪アーカイブスに通いつめて
大河「草燃える」を見ながら反省しきりでした。

いいなぁ。
そこまで人に影響を与えられる作品を書けるって羨ましいなぁ。
じゅるじゅるヨダレ垂らしながら見てましたよ。

ま、とにもかくにも
今回も一応締切は守れてラッキー(ラッキー?)
また次に向けて妄想を開始する私でした。
次は12月末の予定っす。

あ、その前に女頼朝書かなきゃ。次は清盛か、義仲か。

 

関連記事

  1. 一週間ほど篭ります〜

  2. 大河ヒロイン「真田丸」きり考察 &「黙れ小童ぁ!」

  3. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)

  4. 久々に更新(女頼朝)

  5. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>

  6. 締切当日の応募はやめよう……

おすすめ記事

  1. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  2. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  3. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  4. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  5. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 2年ぶりに更新(女頼朝)
  2. 神者依人之敬增威、人者依神之德添運(泰時・御成敗式目)
  3. アマカケル外伝vol.2 鞠子の話がやっと終わりました〜
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」5(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. 琥珀の龍紋―北条時政―あとがき<アマカケル外伝>
ページ上部へ戻る