menu
閉じる
  1. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  2. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  3. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  4. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  5. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  6. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  7. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  8. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  9. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  10. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―26
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―25
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―24
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―23
  7. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―22
  9. 『琥珀の龍紋』10/10に削除します。
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―21
閉じる

頼朝好き・北条数寄FanSite「あづまがたり」

カテゴリー:雑記「徒然がたり」

鞠ちゃん四コマ、その3。「いと、うつくし・・・」クリックすると下におります。さて、ネタに困ってきたわ。衣・食・住は一応おさえたし。次は何のネタがいいかしら。どなたかネタぷり…

鞠ちゃん四コマ、その続き。ばっちゃんの知恵、その2です。クリックすると下におります。「人心掌握は、夫から」ペットでも、餌をくれる人ってやっぱり一番認識が早いしね。生に直…

一年以上かかってしまいましたが、やっと目処がたちました。途中、更新がストップしたり1話の長さが変わったり・・・読んでくださった方に心より感謝とお詫び申し上げます。「アマカケル北条の姫」は3月で完結しまして…

久々に pixiv にアップしたものですが、鞠ちゃん四コマです。鞠ちゃんが出産後も無事に生きていたら、きっと政子ちゃんばりになってたんだろーなぁ。クリックすると下におります。きっと頼経…

更新滞ってマス。長い、長〜い忙しい夏休みが終わりました。色々出来るはずだったのに夜討ち朝駆け的に、色々なことが重なり気付けば一月。やっと夏が終わりました。今月こそ、色々進めるぞ〜!…

更新が滞っておりまする。「直虎」の、おゆきちゃんについてとか、政次くん萌えとか、ろくペットとか。(おゆきちゃんが先頭なのは、最近の私の愛の傾向)いろいろ書きたいんですが、ごめん。5月末・・・いや6月の4日まで、締…

半分ほど、その存在を忘れていた女頼朝の小説を久々に更新しました。「大義名分小義明文、俺はそれより君を取る」「小説家になろう」で連載中。気が向いた時に更新していたんだけれど、気付いたら半年を経過してて…

「真田丸」のきりちゃん、うざいうざい言われてますが、私は好きです。子供らしい素直さじゃないか、と。何歳の設定か知りませんが、わかりやすくて別にいいじゃないですか。それに、このウザさ、勿論狙ってやってるんですよね? 三…

pixiv にアップしたものですが、大姫四コマ。ちょっと今、現実逃避中です。絵に逃げてます。年末年始は忙しいですね。皆様、良いお年を……。…

10月末〆切の「歴史浪漫文学賞」に応募しました。郁朋社 歴史浪漫文学賞http://www.ikuhousha.com/prize16a.htm 投稿内容とタイトル今回は、頼朝さんと政子ち…

さらに記事を表示する

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1.    その五月。元服を前に、三郎は鎌倉の北条館に戻っ…
  2.    鎌倉の朝夷奈館は、御所から東に六浦の港へと通じ…
  3. Kindle用 e-pub化するにあたってその文字数…
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時― 目次…
  5.    そしてその日、音は下船後も三崎御所まで同行させ…
ページ上部へ戻る