menu
閉じる
  1. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  2. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  3. いもうと(頼朝と政子)
  4. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  5. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  6. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  7. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  8. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  9. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
閉じる
閉じる
  1. 琥珀の龍紋―北条時政―19<アマカケル外伝>
  2. 琥珀の龍紋―北条時政―18<アマカケル外伝>
  3. 琥珀の龍紋―北条時政―17<アマカケル外伝>
  4. 琥珀の龍紋―北条時政―16<アマカケル外伝>
  5. 琥珀の龍紋―北条時政―15<アマカケル外伝>
  6. 琥珀の龍紋―北条時政―14<アマカケル外伝>
  7. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  8. 琥珀の龍紋―北条時政―13<アマカケル外伝>
  9. 琥珀の龍紋―北条時政―12<アマカケル外伝>
  10. 琥珀の龍紋―北条時政―11<アマカケル外伝>
閉じる

頼朝好き・北条数寄FanSite「あづまがたり」

タグ:北条宗時

このページにお越しいただき、ありがとうございます。「アマカケル北条の姫」は一旦下げました。近く、Kindleにて公開予定です。以下、外伝です ――― 。「秋夜夢(短編)」源頼朝&北条政…

だんまり、腑抜け、しんねりむっつり。 北条家の次男、小四郎義時は「しょんない」が口癖の、いつもどこかに「とかじった」男だった。 二代執権・北条義時の若かりし頃の話。

 その時、数名の足音がして、二人は刀を構え直す。小四郎も疲れて重い腕を無理矢理に振り上げた。 現れたのは大きな輿に乗せられた巨体の持ち主、狩野茂光。体重が重過ぎて馬に乗れないという理由で輿に乗って従軍…

「佐殿を見捨てるのですか?」 宗時の非難の声に、時政は薄暗い顔で応えた。「見捨てるのではない。再起を援助する為だ」 杉山。 石橋山での大敗の後、頼朝達は土肥まで兵を引き戻し、堀…

 伊豆が騒がしくなったのは、その明くる年の春のこと。頼朝の叔父・源行家が、以仁王の令旨を手に北条館を訪れたのである。「平家を討てと?」 宗時が眉をしかめる。それに対し、時政は鼻を大きく膨らませ…

「小四郎、八重姉様から預かったわよ」 声をかけられて振り向けば、政子が直垂を手にしていた。でも見覚えのない直垂に小四郎は出しかけた手を下ろす。「新しく縫って下さったのよ。あんた、ちゃんと江間に顔を…

アワの夢 『 北条政子の夢買物語 』妹が見た「太陽と月と橘」の夢を買った北条政子。以来、喋るキツネが現れて彼女を思わぬ道へと引きずっていく。兄への密かな恋心を秘めながら母代わりとして北条を守る政子の前にいけ好…

「皆、よく覚悟して聞きなさい。私の最期の言葉です。亡き頼朝公が、ここ関東に幕府を草創してから、あなた達の官位は上がり、俸禄も増えた。その恩は山よりも高く、海よりも深い。でも今、その恩を忘れ、帝や上皇をたぶらかす者が現れました。そ…

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1. amber
     「ただいま戻りました」 頭を下げる。久しぶりに戻った北条の地は…
  2. amber
      富士の山を横目に、三嶋から伊豆へは下りず山道を北東へと進み、箱根を抜…
  3. amber
     「北条殿、お頼みしたいことがあるのですが」 菖蒲の前の屋敷の帰…
  4. amber
     「おお、これは来客とは失礼した」 源頼政。やはり武人というには…
  5. amber
      菖蒲の前。 数年前に宮中に現れた鵺を退治して一躍時の人になっ…
ページ上部へ戻る