menu
閉じる
  1. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  2. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  3. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  6. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  7. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  8. いもうと(頼朝と政子)
  9. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  10. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―12
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―11
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―10
  4. B’zコンサート音漏れとAugustRush、安室奈美恵ラストライブ
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―09
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―08
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―07
  8. ちびまる子ノスタルジーと愛を込めた映画こけし(こきおろしの略?)
  9. 小栗は好きだが龍馬が嫌いに・・・島津イケメンTOP3
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―06
閉じる

頼朝好き・北条数寄FanSite「あづまがたり」

タグ:北条政子

『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時― 目次第一章「江島の辯才天」01  02  03  04  05  06第二章「海賊の守り主 龍女オトヒメ」07  08 …

「アマカケル北条の姫」の表紙、やっと作りました。カバーイラスト苦手なので、どなたかにお願いしたいなぁと思ったりもしましたがまぁ、自分の絵じゃなしにやってしまおうかと商用OK…

鞠ちゃん四コマ、その続き。ばっちゃんの知恵、その2です。クリックすると下におります。「人心掌握は、夫から」ペットでも、餌をくれる人ってやっぱり一番認識が早いしね。生に直…

このページにお越しいただき、ありがとうございます。「アマカケル北条の姫」は一旦下げました。近く、Kindleにて公開予定です。以下、外伝です ――― 。「秋夜夢(短編)」源頼朝&北条政…

  刀は嫌いだ。重くて無粋で、常に優劣を競い合って反り返っている。 それに比べ、弓は好い。羽の美しさ、弦の奏でる音、成りが描く曲線も優美でしなやかだ。 なのに、持たされたのは刀一本。 取り上げてくれれば良…

久々に pixiv にアップしたものですが、鞠ちゃん四コマです。鞠ちゃんが出産後も無事に生きていたら、きっと政子ちゃんばりになってたんだろーなぁ。クリックすると下におります。きっと頼経…

だんまり、腑抜け、しんねりむっつり。 北条家の次男、小四郎義時は「しょんない」が口癖の、いつもどこかに「とかじった」男だった。 二代執権・北条義時の若かりし頃の話。

『いも』 これが最初に真朝に送った文。 本当に一文字だけにしようかとも思ったが、ちょうど目の前に干し芋があったからそれをつけて送ってやった。「ちょっと! どういうつもり…

 その日、御所の廊下を歩いていた小四郎は、突如横から聞こえた小さな悲鳴に驚いて足を留めた。目を落とせば、長い黒髪が小四郎の仕込み杖の竹節に引っかかっている。「痛ぁい!」 一人の女官らしき少女が、頭…

 その日、八重は死に瀕していた。元々細かった線が更に細く消えるように透明になっていく。 小四郎は金剛と共に八重の枕元にいた。金剛はクリクリと大きな瞳で母を見つめていた。泣くでもなく、ぐずるでもなく、ただ機…

さらに記事を表示する

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1.    三郎はそっと駆け寄ると彼女の手を引いた。驚いて…
  2.    僅か下った京の町。人の賑わう大通りを「言の葉、…
  3.    船が三浦半島の鼻先に差し掛かった時、義秀が声を…
  4. えー、安室奈美恵さんのラストライブが昨日だったそうで。「音漏れでもいいから側…
  5.    海相撲が落ち着き、褒美の取り分けも済んだ頃、お…
ページ上部へ戻る