menu
閉じる
  1. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  2. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  3. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  4. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  5. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  6. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  7. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  8. いもうと(頼朝と政子)
  9. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  10. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―12
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―11
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―10
  4. B’zコンサート音漏れとAugustRush、安室奈美恵ラストライブ
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―09
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―08
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―07
  8. ちびまる子ノスタルジーと愛を込めた映画こけし(こきおろしの略?)
  9. 小栗は好きだが龍馬が嫌いに・・・島津イケメンTOP3
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―06
閉じる

頼朝好き・北条数寄FanSite「あづまがたり」

タグ:武田信義

 その後小四郎は石和五郎の後をついて甲斐へと赴き、彼の父である武田信義と面会した。そこで小四郎は先の考えを改める。石和五郎はまだ子供の龍でしかない。武田信義こそが龍であった。「石橋山では大敗したそうだ…

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1.    三郎はそっと駆け寄ると彼女の手を引いた。驚いて…
  2.    僅か下った京の町。人の賑わう大通りを「言の葉、…
  3.    船が三浦半島の鼻先に差し掛かった時、義秀が声を…
  4. えー、安室奈美恵さんのラストライブが昨日だったそうで。「音漏れでもいいから側…
  5.    海相撲が落ち着き、褒美の取り分けも済んだ頃、お…
ページ上部へ戻る