menu
閉じる
  1. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  2. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  3. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  4. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  5. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  6. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  7. いもうと(頼朝と政子)
  8. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  9. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
閉じる
閉じる
  1. 琥珀の龍紋―北条時政―19<アマカケル外伝>
  2. 琥珀の龍紋―北条時政―18<アマカケル外伝>
  3. 琥珀の龍紋―北条時政―17<アマカケル外伝>
  4. 琥珀の龍紋―北条時政―16<アマカケル外伝>
  5. 琥珀の龍紋―北条時政―15<アマカケル外伝>
  6. 琥珀の龍紋―北条時政―14<アマカケル外伝>
  7. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  8. 琥珀の龍紋―北条時政―13<アマカケル外伝>
  9. 琥珀の龍紋―北条時政―12<アマカケル外伝>
  10. 琥珀の龍紋―北条時政―11<アマカケル外伝>
閉じる

頼朝好き・北条数寄FanSite「あづまがたり」

タグ:海野幸氏

このページにお越しいただき、ありがとうございます。「アマカケル北条の姫」は一旦下げました。近く、Kindleにて公開予定です。以下、外伝です ――― 。「秋夜夢(短編)」源頼朝&北条政…

憧れる男がいる。父とそれからもう一人。― 六連星 ―黒く艶やかに流れる髪を堰き止めるように櫛を挿し入れる。「…

「……お前何言ってんだら。神聖なる神事だぞ?」 「わ、わかってるわよ」 小太郎は呆れた顔をして八幡を見下ろしていた。 方言が出てる。相当呆れているのだろう。

射手の放った鏑矢が的の中心を射抜いた。 真っ二つに割れ、跳ね飛ぶ的。 周囲の男達が、わっと歓声を上げる。 「お見事!」 三つ全ての的を皆中した射手は、馬を軽くなだめ、その場に降り立った。 緋色の束帯姿。頭には卷纓冠に老懸。涼しい眼で正面の頼朝を見る。

あの小娘、ぜってー後でしめる! 久しぶりに、最大級に、超絶級にムカついたぞ。 この神聖な場、そしてこれだけの観衆の前であんな発言をぶちかまし、顔を隠して笑ってやがるとは!

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1. amber
     「ただいま戻りました」 頭を下げる。久しぶりに戻った北条の地は…
  2. amber
      富士の山を横目に、三嶋から伊豆へは下りず山道を北東へと進み、箱根を抜…
  3. amber
     「北条殿、お頼みしたいことがあるのですが」 菖蒲の前の屋敷の帰…
  4. amber
     「おお、これは来客とは失礼した」 源頼政。やはり武人というには…
  5. amber
      菖蒲の前。 数年前に宮中に現れた鵺を退治して一躍時の人になっ…
ページ上部へ戻る