menu
閉じる
  1. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  2. いもうと(頼朝と政子)
  3. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  4. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  5. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  6. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  7. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  8. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  9. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  10. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
閉じる
閉じる
  1. 鬼タイピングで右手が・・・
  2. 2年ぶりに更新(女頼朝)
  3. 神者依人之敬增威、人者依神之德添運(泰時・御成敗式目)
  4. アマカケル外伝vol.2 鞠子の話がやっと終わりました〜
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」5(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  6. 琥珀の龍紋―北条時政―あとがき<アマカケル外伝>
  7. イザヤ!鎌倉「江間家の段」4(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  8. 琥珀の龍紋―北条時政―最終話<アマカケル外伝>
  9. 琥珀の龍紋―北条時政―41<アマカケル外伝>
  10. 琥珀の龍紋―北条時政―40<アマカケル外伝>
閉じる

頼朝好き・北条数寄FanSite「あづまがたり」

タグ:源義平

  辿り着いた鎌倉は、以前とは異なり京に劣らぬ殺伐とした空気に包まれていた。そのまま大蔵へと向かうことも考えたが、少し考えて四郎は敢えて義平の館を訪れた。「またそなたか。さてさて、今度はどんな宣旨やら」…

  富士の山を横目に、三嶋から伊豆へは下りず山道を北東へと進み、箱根を抜けて相模国へと入る。鎌倉は、山に囲まれた小さな、だがそれなりに賑わう寺社町だった。「院よりの内々の宣旨である」 四郎は頼政か…

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1. すみません〜更新、お返事滞っております。梵天&金剛、書いていました。2週間で原稿…
  2. 女頼朝の小説を2年ぶりに更新しました。「大義名分小義明文、俺はそれより君を取る」…
  3. 最近読んだ本で引用されていて、いいな〜、と思った言葉に出会いまし…
  4. アマカケル外伝の小金太と鞠姫の話、やっと終わりま…
  5. 「江間家の段」出演:江間小四郎(北条義時)、真朝(姫の前)、畠山重忠、源頼朝…
ページ上部へ戻る