menu
閉じる
  1. いもうと(頼朝と政子)
  2. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  3. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  6. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  7. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  8. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  9. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  10. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
閉じる
閉じる
  1. 2年ぶりに更新(女頼朝)
  2. 神者依人之敬增威、人者依神之德添運(泰時・御成敗式目)
  3. アマカケル外伝vol.2 鞠子の話がやっと終わりました〜
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」5(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. 琥珀の龍紋―北条時政―あとがき<アマカケル外伝>
  6. イザヤ!鎌倉「江間家の段」4(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  7. 琥珀の龍紋―北条時政―最終話<アマカケル外伝>
  8. 琥珀の龍紋―北条時政―41<アマカケル外伝>
  9. 琥珀の龍紋―北条時政―40<アマカケル外伝>
  10. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
閉じる

頼朝好き・北条数寄FanSite「あづまがたり」

タグ:畠山重忠

「江間家の段」出演:江間小四郎(北条義時)、真朝(姫の前)、畠山重忠、源頼朝、北条政子(キャラは拙著「とかじり小四郎」より)ー その4 ー ……が、飛び出た途端に、嫌な…

「はぁ? 義時が花嫁を馬に乗せて逃亡した?」 素っ頓狂な声を上げた頼朝に、ぶっと噴き出す石和五郎。「あの、しんねりむっつりめ、随分と面白いことをするじゃないか」 その横で畠山重忠が呟いた。…

だんまり、腑抜け、しんねりむっつり。 北条家の次男、小四郎義時は「しょんない」が口癖の、いつもどこかに「とかじった」男だった。 二代執権・北条義時の若かりし頃の話。

「よぉ、義兄上。珍しい武器だな」 声に振り返れば、畠山重忠が階段の上で腕を組んで立っていた。その後ろを見れば、案内したのだろう下女が下がっていくのが見える。訓練をしている時は誰も通すなと言ってあるのに。き…

 パチリ。パチリ。 碁石が盤を叩く音が静かな部屋に響く。小四郎はわからないようにこっそりと微笑んだ。 この音が好きだ。静かな風が流れるのも。多数の人間が小さな盤を二重三重に囲み覗き込みながら無言で…

「え? 白藤を返せって?」 詰め所。あからさまに不機嫌な顔をした畠山重忠が小四郎を睨む。小四郎も黙って重忠を睨み返した。重忠は憮然とした顔で言い切った。「負け戦だろうが何だろうが、一度手放したお前…

 その後はめまぐるしく時が流れた。平清盛が死に、木曾義仲が起ち、西国は飢饉に襲われ、京は荒れた。 逆に東国は好天に恵まれ、稲はよく育ち、頼朝の味方は日を追って増え、鎌倉の町は新しく美しく整えられた。…

 東国の武士団の中で、三浦や千葉は味方となる公算が高かったが、それ以外の大庭や梶原などは清盛方に呑み込まれていた。比企と小山には頼朝の乳母がいて、河越は比企の尼の娘が嫁いでいる。武田、足利、新田、佐竹は源氏で…

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1. 女頼朝の小説を2年ぶりに更新しました。「大義名分小義明文、俺はそれより君を取る」…
  2. 最近読んだ本で引用されていて、いいな〜、と思った言葉に出会いまし…
  3. アマカケル外伝の小金太と鞠姫の話、やっと終わりま…
  4. 「江間家の段」出演:江間小四郎(北条義時)、真朝(姫の前)、畠山重忠、源頼朝…
  5.   おしまいです。あー、短編のハズが長いし。だるいし。…
ページ上部へ戻る