menu
閉じる
  1. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  2. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  3. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  4. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  5. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  6. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  7. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  8. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  9. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  10. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―26
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―25
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―24
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―23
  7. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―22
  9. 『琥珀の龍紋』10/10に削除します。
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―21
閉じる

頼朝好き・北条数寄FanSite「あづまがたり」

タグ:白龍

  『触れてはならぬ』 青年は低い声で呟いた後、ゆっくりと三郎を掴んでいた手を開いた。辺りの霧が晴れていく。霧はある一点へと凝縮していき、徐々に白い人の形を浮かび上がらせた。 …

   茂みから飛び出すとカラスがとまった杉の木の根元に駆け寄る。首に吊るしていた守り袋を胸元から探り出し強く握りしめると、瞼を下ろして小さく唱えた。「弁天様、龍神様、お願いです。あの黒…

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1.    その五月。元服を前に、三郎は鎌倉の北条館に戻っ…
  2.    鎌倉の朝夷奈館は、御所から東に六浦の港へと通じ…
  3. Kindle用 e-pub化するにあたってその文字数…
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時― 目次…
  5.    そしてその日、音は下船後も三崎御所まで同行させ…
ページ上部へ戻る