menu
閉じる
  1. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  2. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  3. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  4. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  5. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  6. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  7. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  8. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  9. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  10. いもうと(頼朝と政子)
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  6. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  7. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―38
  9. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―37
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

初心者向け・現代語訳「吾妻鏡」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉時代を調べるのに、
とりあえず一回読んでおきたいのが「吾妻鏡」

後から北条氏が捏造したとか色々言われていますが
とりあえず何があったのか、誰がいたのかなど参考になります。

私は北条氏が大好きですが、捏造が無かったとは言いません。

歴史上考えてみれば、勝者が敗者の歴史を塗り替えるのは
当然あったことだし。

それによって、善の存在が悪になることなんざ当たり前。
それが良いとは言わないけれど、仕方ないのかな、と。
神話だって捏造だしね。

LULUSIA-ルルシア-

 

とにかく読みやすい!

原文は人物名が役職名に置き換わっちゃってるので
「一体誰のこと〜??」
ってなるのですが、

例:陸奥守(北条義時)

など丁寧に教えてくれます。

それから、各語に番号が振ってあって
後ろのページでその語に関する説明を懇切丁寧にしてくれています。

例えば
人物なら、何年生まれの何年没か、誰の子か。役職などなど。
地名なら、現在の何県何市のどのへんかなど。
このころ、○○年には○○は何歳でどこにいた、など。

親切過ぎる!

まぁ、だからって完全に正しい情報ではないのですが、
諸説あるものもあるし、歴史的におかしいのもあるし
でもとても参考になるのは間違いない。

全十六巻。

  1. 頼朝の挙兵(1180〜1182)
  2. 平氏滅亡(1184〜1185)
  3. 幕府と朝廷(1186〜1187)
  4. 奥州合戦(1188〜1189)
  5. 征夷大将軍(1190〜1192)
  6. 富士の巻狩(1193から1200)
  7. 頼家と実朝(1201〜1213)
  8. 承久の乱(1214〜1221)
  9. 執権政治(1222〜1230)
  10. 御成敗式目(1231〜1237)
  11. 将軍と執権(1238〜1244)
  12. 宝治合戦(1244〜1248)
  13. 親王将軍(1250〜1252)
  14. 得宗時頼(1253〜1257)
  15. 飢饉と新制(1258〜1261)
  16. 将軍追放(1263〜1266)

こうやってみると元寇の10年程前で終わってるんですね。
それに、幕府初期の1183年がなかったりとか
頼朝の死の前後数年がごっそり抜け落ちてたりとか
他にもちょこちょこ空きがあったりしますが
それでも他の資料と合わせて読めば、何とかなる。

が、各一冊が2000円以上します。
とても全部は買い切れないので、最初は図書館で借りていました。
で、延長したりしていたんですが

やっぱり次の予約が入ったりするので
どうしても必要な一巻をまずAmazonで買いました。
中古でも1000円以上しましたが、背に腹はかえられない。

それから本当は2巻と3巻が必要だったんですが、
Amazonさんには売ってないんですよ。
仕方なく、4巻5巻だけ買いました。
Amazonさん、2巻と3巻も仕入れてください、お願いします。

本当は承久の乱の8巻まで手元に欲しいんですが、
なかなか……ですね。頑張ります。

「晴れていたが、途中から豪雨となった」とか
「流鏑馬はいつもと同じだった」とか
「○○が参上して申した」とかの記述を見ると

とてもリアルで、彼らは本当に生きてたんだなと
御家人達の生活とか、御所の風景が見えてくるようで
ワクワクします。

また、単なる史実の羅列ではなく
「○○が申したので、将軍は特に感心して○○と申された」とか
「○○は今はその時とばかりに覚悟を決めて」なんて
心を表す文章はまるで物語で、妄想が広がるばかり。

「これをまとめてくれた人、ありがとう!」
としか言えません。

Amazonのレビューに、
「若い時は義経のファンで頼朝が嫌いだったけど、
この吾妻鏡を読んだら頼朝は他の武士や貴族たちと
ものすごい数の駆け引きをして、京や日本の治安を
直そうとしているのを知って、
やはり源頼朝は偉大な政治家だったんだと思うようになりました」
(適当抜粋ですみません)

とあって、
「そうそう! まさにそうなのよ!」
と拍手を送ってしまいました。

徳川家康も尊敬していた源頼朝!
豊臣秀吉が親近感を湧いていた頼朝!

やっぱりスゴイ人なのです!
機会があったら図書館で借りるなどして
鎌倉時代の武士というものを
身近に感じてもらえたら嬉しいなと思いました。

武士は武士でも、江戸の武士とは大違いなのが
私にはとっても魅力的なのです!!


クリックするとAmazonのページに移動します

 

関連記事

  1. 上橋菜穂子「月の森に、カミよ眠れ」はエロス〜

  2. 神者依人之敬增威、人者依神之德添運(泰時・御成敗式目)

  3. 書籍:「文章は書く前に8割決まる」

  4. 「真田十勇士」& 真田丸現地を訪ねて

  5. 北条重時の「六波羅殿家訓」の原文のご紹介

  6. 「魔女か天女か」中村ふみ「歴史感とスピード感と女流ならではの安心…

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―39
ページ上部へ戻る