menu
閉じる
  1. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  2. いもうと(頼朝と政子)
  3. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  4. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  5. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  6. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  7. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  8. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  9. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  10. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  6. 更新が滞るかもしれません
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―53
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―52
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

北条重時の「六波羅殿家訓」の原文のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LULUSIA-ルルシア-

 


武家家訓
増補改訂「武家家訓・遺訓集成」より。

(天理大学附属天理図書館所蔵写本から)

北条重時くんが壮年の時につくった家訓です。

 

とにかく、原文、本物を見ていただきましょう。
詳しくは「武家家訓・遺訓集成」をご覧ください。
※(??)は、原文でもよくわからない所のようです。

(前文)
人の心様々なれば、振舞思べき様申に付て烏滸がましく(差し出がましく)、
人に咲(わらわ)れの其一なれども、
人の子は劣る親にはまさらぬことなれば、覚ゆる事を大概書いて奉る。
是を違わず、振る舞うべし。若是悪きならば、なじかは子の咎はあるべき。
親のわろきにてこそ教訓せざるらめと思えば、
さのみ語にて申も骨なければ(無骨、無作法)、存る事を書いて進也。
ゆめゆめ疎き人に見らるべからず。内外なからむ(分け隔てなく信頼の置ける)
人に読せて、徒然のなぐさめに委細にきかるべし。

一、
仏・神・主・親に恐をなし、因果の理を知り、後代の事をかんがみ(考え)、
凡そ人をはぐくみ、要に立ぬ者をこらさず、惣て心広く、人に称美せられ、
心甲にて(心剛にて)、かりそめにも臆病に見えず、弓箭の沙汰ひまなくして、
事に触れてなつかしくして、万人にむつび、よく思われ、
皆人ごとに漏らさず語をかけ、貧げなる者に哀れみをなし、
妻子眷属にいたるまで、常にうち咲て、怒れる姿見ゆべからず。
又召仕わん侍・雑色・中間等までも、
事に触れて悪ざまにて六借(むつかし)からん者
(気難しい者、苦情を言う人)をば、仕うべからず。
サ(??)レハ、(??)故に、吉者(よきもの)あまたうするなり。
第一の(??)也。

※以下、まだまだ続きますが、物凄い量なので、徐々に更新していきます。


北条重時の「六波羅殿家訓」も「極楽寺殿御消息」も掲載されてる
武家家訓・遺訓集成」は
Amazonで入手出来ます。

 

関連記事

  1. 書籍:「文章は書く前に8割決まる」

  2. 神者依人之敬增威、人者依神之德添運(泰時・御成敗式目)

  3. 書籍:日本史資料研究会「鎌倉将軍 執権 連署列伝」

  4. 初心者向け・現代語訳「吾妻鏡」

  5. 「魔女か天女か」中村ふみ「歴史感とスピード感と女流ならではの安心…

  6. 「真田十勇士3」小前亮「正義とチャンバラと極微小なロマンス」

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
ページ上部へ戻る