menu
閉じる
  1. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  4. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  6. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  7. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  8. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  9. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  10. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
閉じる
閉じる
  1. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  2. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  3. 脳腫瘍手術後・療養日記2
  4. 脳腫瘍手術後・療養日記1
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―67
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―66
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―65
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―64
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―63
  10. 女頼朝、更新しましたー
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

「代(ダイ)」応募してきましたー(またも締切当日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

締切なんとか間に合わせてきました。

今回は前回の焼き直し。でもタイトル変えて、内容も180度くらい変えました。
「頼朝を殺した」が「頼朝を守った」になりました(いや、守り切れないんだけどさ)。
うちの頼朝さんは、やっぱりこういう方が書きやすい。
でもって、うちの幸氏くんと大姫さんは出番少ないけどむっさ愛されてる。

今回は政子ちゃんはお休み。ほとんど活躍しません。
前回の原稿では出してたんだけど全消ししました。
で、ヒロインを大転換しました。
そしてそして超悪役が登場。

しかし、よくよく調べるとみんな繋がってるのが面白い。
明恵上人まで自然に繋がってしまった。

今回は焼き直しの分、打ち込み量は少なかったはずだけど、それでもやっぱり右手と肩がパンパン。
でも前回の腱鞘炎まではいかなそう。

今回は概要(あらすじ)を5ページ分くらい書いたのが意外に面白かったです。


(これは半分だけだけど)

今度は誰を書こうかなー。

って大体決めてますがね。広元さんです。
・・・でも華やかさがないんだよね。息子にするかな。

あ、いや。
とりあえず、『アマカケル』だっ!

関連記事

  1. 10月締切「歴史浪漫文学賞」に応募

  2. 締切当日の応募はやめよう……

  3. 「歴史浪漫文学賞」三次通過!嬉しい(涙)

  4. 第28回日本動物児童文学賞にニャンコ参加して思った「泣きの文章」…

  5. 8月締切「野性時代フロンティア文学賞」に応募

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  2. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  3. 脳腫瘍手術後・療養日記2
  4. 脳腫瘍手術後・療養日記1
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―67
ページ上部へ戻る