menu
閉じる
  1. いもうと(頼朝と政子)
  2. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  3. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  6. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  7. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  8. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  9. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  10. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  2. 更新が滞るかもしれません
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―53
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―52
  7. 小説の挿絵イラストを簡単に準備する方法
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―51
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―50
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―49
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

頼朝さんは粗食がお好き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頼朝さんは粗食だったそうです。

ソースがどこか忘れちゃいましたが、

「貴族のような飽食は堕落のモト!」
粗食を心がけていたんだとか。

今、私達は普通に「一日三食」食べていますが、
これは歴史的には、割と近代のこと。
江戸時代くらいからのようです。

国民のほとんどが農民だった頃は「一日二食」だったようで
朝起きてすぐに野良仕事。

仕事が少し落ち着いてから腹ごしらえ。

「朝飯前!」ってヤツですね。

でも、農作業はかなり体力がいる。
なので、朝夕の間に間食を取って栄養補給していたとか。

主食は玄米。
それすらない時は粟や雑穀。

米も今のような炊き方がされるようになるまでは
蒸して食べたり、お粥にされたりだったようです。

 

LULUSIA-ルルシア-

 

そんな頼朝さんが大好きなのは「すはやり・すわやり(楚割)」。

頼朝好物鮭すはやり

「鮭」の燻製だそうです。

佐々木四兄弟の三番目、
私のお気に入りの三郎盛綱さんが献上して
頼朝さんは大層気に入ってその場で歌にしたんだとか。

以下、吾妻鏡にも残ってます。

建久元年十月小十三日甲午。
遠江国菊河宿にて佐々木三郎盛綱、小刀於鮭の楚割に相副へ子息の小童を以て御宿に送り進ず。

で、頼朝さんが歌った歌が以下。

『まちゑたる人のなさけもすはや里のわりなく見ゆる心さしかな』

なさけ > 鮭
すはや里 > すはやり
わりなく > (楚)割

辺りが、掛けられてるようですかね。
和歌に詳しくないので、
このくらいしかわかりませんが。

 

粗食といえば、最近図書館で粗食に関する本を借りて読みました。

「人(大人?)は、1日1食で事足りる!」

みたいな内容。

最初は「えー!」と思いましたが、
1日1食だと長生き遺伝子が頑張ってくれて
健康になるんだとか。

確かに三食は多い気がします。
空腹を感じる暇がない。

で、早速私も「一日一食」を始めました。
今、10日目くらいかな。
きついかな?と思ったのは
初日と、もう一日くらいかな。

著書には「空腹を楽しむように」と書いてありまして、
素直にそうすることにしたら、結構耐えられました。

水分(お白湯や番茶)を結構頻繁に摂っています。

ただ家族がいる週末はどうしても一日一食は厳しい。
(コミュニケーション的にね)
だから、週末は2食か3食。
平日は「一日一食」にしております。

まだ十日ですが、調子いいように思います。
特に肌の調子が!

ただ、体重は減っていません。
でもでも、ピタピタだったズボンは緩くなりました。
どういうことでしょう?

とりあえず、粗食と健康に興味があれば
以下、どうぞ。

関連記事

  1. 鎌倉武士と義とは

  2. 頼朝の死と政子について

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  2. 更新が滞るかもしれません
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―53
ページ上部へ戻る