menu
閉じる
  1. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  2. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  4. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  5. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  6. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  7. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  8. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  9. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  10. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  6. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―38
  8. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―37
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―36
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

『 とかじり小四郎 ―北条義時― 』前文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『 とかじり小四郎 ―北条義時― 』

 

 小四郎は無言で憤っていた。懲りずに騙された間抜けな自分に腹が立つ。視界には睦み合う男女が一組。片方は小四郎の兄で、もう片方は小四郎の姉。二人は小四郎をチラと見ただけで、また二人の世界に戻っていく。小四郎などいないかのように。肌色と肌色がぶつかり音を上げる。切羽詰まる呼吸音。

 兄と姉とは血の繋がりがない。だから睦み合おうが喧嘩しようが勝手だ。だが自分はここに呼び出された。その意図は明白だった。小四郎を共犯者にしたいのだ。決して逆らわぬ忠実なる犬として。

 姉はその頃既に他の男に嫁ぎ、姫を一人産んでいた。男の名は源頼朝と言った。父・時政がのし上がる為の手駒。三浦や伊東、千葉への牽制の為に父が手に入れた貴種だ。

 その頼朝と時政、兄の間でそれぞれに忠誠を誓わされた男、江間小四郎は文を置くと黙って踵を返し、庭へと下りた。

「しょんねぇな」

 小さく小さく、聞こえないように小さく呟き、暮れなずむ薄灰色の空を見上げる。何処に居ても何をやってもケチがつくのは次男の定めか。

 

 一一七九年、伊豆国北条。のどかな田園風景と、悠然と流れる狩野川に囲まれて北条の館はあった。

 

次ページ

目次へ戻る

LULUSIA-ルルシア-

 

関連記事

  1. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)

  2. 北条政子の夢買物語 13

  3. 腑抜けの三郎―北条重時―36

  4. 腑抜けの三郎―北条重時―16

  5. とかじり小四郎 ―北条義時―31

  6. 腑抜けの三郎―北条重時―04

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
ページ上部へ戻る