menu
閉じる
  1. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  2. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  3. いもうと(頼朝と政子)
  4. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  5. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  6. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  7. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  8. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  9. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  10. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  6. 更新が滞るかもしれません
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―53
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―52
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

とかじり小四郎 ―北条義時―18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『 とかじり小四郎 ―北条義時― 』

 

 無言でそれを姉の前に差し出す。カタンと硬質な音が床に響く。朱色をしたそれを確認した途端、姉は悲鳴を上げた。

 櫛だった。亡くなった母が大事にしていた櫛。

 何故兄が持っていたのか知らない。何故姉が悲鳴を上げるのか知らない。でも櫛がどんな意味を持っているかくらいは小四郎も知っている。

 櫛の音はク・シ。「苦」と「死」に通じた。イザナギとイザナミの別れ、日本武尊と櫛名田比売の別れ、永遠の訣れを意味した。

 歯が数本欠けていた櫛。小四郎が見た時には既にこの状態だった。櫛の歯が折れる時、その髪に宿った「苦」や「死」が身代わりになって折れるのだと、櫛の持ち主を守るのだとも言われていた。だから人々は折れた櫛を大切に供養した。

 そしてまた、櫛は求婚の証として男から女へと渡される風習があった。黒く長い美しい髪をいつまでも保って欲しい、そのように幸せにする、と約束を込めて贈られた。

 

 政子の悲鳴を聞きつけた侍女達が部屋に駆けつける。おろおろと周りを取り囲むが、政子は平静を取り戻さない。叫び続けて枯れた声で、それでもまだ喉を開き、目を見開いて何かを叫ぼうとしている。

「政子!」

 頼朝が飛び込んで来た。政子の肩を掴んでガクガクと揺らす。頬を張り飛ばす。その迫力に、今度は周りにいた侍女達が悲鳴を上げる。

「下がれ!」

 頼朝の一喝に、侍女達は慌てて立ち上がると次々に部屋を飛び出していった。小四郎も立ち上がる。櫛をそのままにしていいものかどうか一瞬悩んだが、頼朝は既に目にしているはずだ。そのままで戸口に向かう。だが制止の声が響いた。

「小四郎、お前は残れ」

 冷たいその声に、つと息を吸う。修羅場を覚悟した。頼朝は兄と姉の関係を知っているのだ。恐らくずっと前から。小四郎が頼朝と八重のことなど知らない振りをしていたように、頼朝も兄と姉のことを知らない振りを続けているのだ。

 侍女達が全て去った後、頼朝は小四郎に厳命を下した。

「その櫛を丁重に供養せよ」

 返事をし、頭を下げたまま続きの言葉を覚悟して待つが、頼朝は続きを口にしなかった。

「何をしている、早く下がれ」

 小四郎は櫛を掴むと立ち上がった。

 

次ページ

目次へ戻る

LULUSIA-ルルシア-

 

関連記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―41

  2. とかじり小四郎 ―北条義時―13

  3. 腑抜けの三郎―北条重時―45

  4. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』

  5. 北条政子の夢買物語 8

  6. 「アマカケル北条の姫 」外伝 ―秋夜夢―

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
ページ上部へ戻る