menu
閉じる
  1. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  2. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  3. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  6. いもうと(頼朝と政子)
  7. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  8. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  9. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  10. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  6. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  7. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―38
  9. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―37
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

とかじり小四郎 ―北条義時―26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『 とかじり小四郎 ―北条義時― 』

 

 ややして八重も懐妊し、江間への頼朝の足は遠のいた。

 翌年、八重は男の子を出産した。生まれた子は金剛と名付けられた。八重と小四郎の間には何もない。でも八重は何も言わず、小四郎も何も聞かなかった。当然、頼朝も何も言わなかった。ただ祝いの品をたくさん贈ってきた。

 

 この頃、甲斐の武田は頼朝とぶつかることが増えていた。同じ源氏の血筋、また勢力の拡大を巡って主従関係を結ぶのが難しくなっていたのだ。

 武田信義は頼朝に屈服する。刃向かわぬことを誓わされ、役職を解かれ、牙を封じられる。

 同時期、房総の総領格とされた上総広常が暗殺された。その強大な軍力と鎌倉の主である頼朝に対する不敬の態度を警戒されてのことである。

 信濃から北陸にかけて勢いを強めていた木曾義仲も、頼朝と関係を悪くしていた。鎌倉にて基盤を固めつつあった頼朝に対し、一刻も早い入京を目指していた義仲は、背後から頼朝に攻められることを避ける為、嫡男の義高を頼朝の娘婿、また人質として鎌倉へと送る。

 だがその翌年、義仲は義経によって京から追い出され攻め滅ぼされた。義高は畠山を頼って鎌倉を脱出するも、入間川にて首を刎ねられる。

 義仲の死後も様々な人の様々な思惑が入り乱れた。平家は西国に追われたものの再起を狙っている。奥州には藤原氏、東国では鎌倉に頼朝、甲斐には武田。

 朝廷としては武士の中央進出を阻止したい。武士同士で内紛を繰り返し、勢力が瓦解してくれれば朝廷にとっては一番良い。懐柔と威圧を繰り返す。

 武田信義の嫡男・一条忠頼は義経と共に京に攻め入り、褒美として武蔵守を任官される。だがそれは頼朝の意には反するもの。鎌倉に戻った一条忠頼は暗殺され、義仲の残党騒ぎを名目に信濃と甲斐に兵が送られる。これは甲斐武田を封じる為の戦だった。

 そして頼朝が甲斐を制す。武田は、一族である安田、一条、板垣とも衰退し、頼朝派の石和五郎信光が武田を継ぐこととなった。

 

 頼朝は京にて育った。朝廷のやり口は他の武士達より良く知っている。同じように懐柔と威圧を使い分けて勢力の均衡を謀った。

 そして小四郎は頼朝の側近としてこれら全ての流れを見ていた。言葉を発さず、ただただ頼朝の背を見ていた。

 頼朝は龍だ、と小四郎は思った。武田信義のような見た目に猛々しい龍ではない。静かにじっと伏せて時を待ち、流れを読んで立つべく時に立ち上がる老獪な龍。老獪と言うと言葉が悪いかもしれない。でも頼朝に関しての老獪という言葉は悪いものには感じられなかった。

 

次ページ

目次へ戻る

LULUSIA-ルルシア-

 

関連記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―10

  2. とかじり小四郎 ―北条義時―32

  3. 名こそ惜しけれ(頼朝と政子)7

  4. 北条政子の夢買物語 17

  5. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語

  6. とかじり小四郎 ―北条義時―6

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―39
ページ上部へ戻る