menu
閉じる
  1. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  2. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  3. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  4. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  5. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  6. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  7. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  8. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  9. いもうと(頼朝と政子)
  10. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  2. 更新が滞るかもしれません
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―53
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―52
  7. 小説の挿絵イラストを簡単に準備する方法
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―51
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―50
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―49
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

とかじり小四郎 ―北条義時―27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『 とかじり小四郎 ―北条義時― 』

 

 その日、八重は死に瀕していた。元々細かった線が更に細く消えるように透明になっていく。

 小四郎は金剛と共に八重の枕元にいた。金剛はクリクリと大きな瞳で母を見つめていた。泣くでもなく、ぐずるでもなく、ただ機嫌良く小四郎の膝にいた。

「有り難うございました」

 八重は伏せながら、そっと瞼を下ろして礼を言った。礼の意味がわからなくて小四郎は首を傾げる。

「金剛は義時殿が好きなのね」

 小四郎は金剛を抱き上げると八重の方へと差し出す。八重は手を伸ばして金剛の頬に触れた。

「金剛、お父上の義時殿をしっかりとお支えするのですよ」

 小四郎は驚いて八重を見る。

「どうかお願いです。この子はあなた様の元で育ててくださいませんか? ただ生きていればいい。僧にしてやって下さって構いませんから」

 小さく頷く。頼朝が何と言うかはわからないが、それは後の話だ。それを見て八重は安心したように微笑んだ。

「小四郎」

 懐かしい響きで呼ぶ。

「私、あなたの妻になれて良かったわ」

 幼い頃、出産の母と共に伊東に里帰りをした。子供達だけで祖父の家に行ったこともあった。敵となる前の伊東祐親はいつも笑顔で温かく孫達を迎えてくれた。

 お姉さんぶりたがる八重に遊ばれいじられ倒した。ままごとをし、雛遊びをし、絵巻を眺めて、石飛びをした。女ばかりの中で男は小四郎ただ一人だった。からかわれながらも楽しく過ごした。こんな風に関係がとかじるなんて一体誰が想像しただろうか。

 でも最後の最後まで、小四郎はままごと遊びの相手でしかなかったのだ。

 八重はその夜静かに息を引き取った。

 

「金剛は私が引き取ります」

 江間の邸を訪れた政子は静かな口調でそう言った。

「大丈夫よ、わかってるから」

 小四郎は黙ったまま政子を見つめる。金剛は政子の胸の中でにこにこと微笑んでいた。その顔を見て政子も目を細める。

「不思議な子ね。愛らしい子。私は……結局、八重様には敵わなかった」

 姉の言葉がよくわからず、小四郎はまた首を傾げる。

「頼朝殿がどうするかはまだわからない。僧にするのか自分の子だと明らかにするのか。でも私はこの子を守るわ。だって大好きな八重姉様のお子ですもの」

 そう笑う姉の顔は微笑んで優しげだったが、同時にひどく寂しげで小さく歪んでいた。思わず「三郎兄は?」と聞きそうになって、小四郎は慌てて小さく咳払いをした。

 姉は兄を愛していたはずだ。頼朝のことは利用しただけだと。それでもやはり妻だからだろうか?

 

次ページ

目次へ戻る

LULUSIA-ルルシア-

 

関連記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―11

  2. 北条政子の夢買物語 26

  3. 腑抜けの三郎―北条重時―37

  4. 腑抜けの三郎―北条重時―25

  5. 北条政子の夢買物語 24

  6. 名こそ惜しけれ(頼朝と政子)7

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  2. 更新が滞るかもしれません
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―53
ページ上部へ戻る