menu
閉じる
  1. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  2. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  3. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  6. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  7. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  8. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  9. いもうと(頼朝と政子)
  10. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  6. 更新が滞るかもしれません
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―53
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―52
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

とかじり小四郎 ―北条義時―30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『 とかじり小四郎 ―北条義時― 』

 

「やあ、済まなかったな」

 頼朝はにこりと微笑み、小四郎は首を横に振る。

 とかじっていた夫婦の関係が改善されたのだろう。御所内の空気が柔らかく変化したように思うのは気のせいではない。

『戦の時もそうでない時も、天の意思を読み、地の流れを感じ、人の思惑を先んじて封じろ。勝ちは自ら呼ぶもんだ。待ってておのれに都合良い気が流れてくれるもんか。呼び寄せるか自ら近付くんだ』

 石和五郎の言葉の意味はまだよくわからないし、天の意思など人の読めるものではないと思う。

 でも、人も物も気を発していて、それらが互いに影響し合って場を作っている。鎌倉の御所は今やっと場を得て、地に水が染み込むように気を深く落ち着かせていっていた。

「子供の頃から、政子はとにかく泣くのを我慢する子でな。弟妹の手前、しっかりした姉になって母を助けなくてはと頑張っていたんだろうな。それが健気で可愛いかった」

 思い出したように頼朝は笑う。

「あの日、『私を妻にしてください』って言ったんだ。十の子が必死な顔をして。子供だからこその純粋さと尊さが愛しくてな。だから私は政子だけは裏切れない」

 政子の心の中はこれからもずっととかじったままだろう。でもきっとそのままでいいのだ。とかじったままの政子を頼朝は受け入れるし、政子もそんな頼朝を受け入れて鎌倉を作っていく。

「私は……あなたのようになりたい」

 小四郎は呟いていた。

 それからハッと気付く。求められてもいないのに発言をしてしまった。慌てて咳払いをする。そのまま退出してしまおうかとも考える。でも頼朝はそんな小四郎に不思議そうな顔をして首を傾げた。

「私のように? それはとんだ苦労症だな」

 呆れたように、でもその次には嬉しそうに笑った。

「なりたいと思うならその素質があるということさ。思った時点で半分くらいはその願望は叶ったも同然だ」

 半分。では、いつか自分も龍になることが出来るかもしれない。こんな立派な龍にはなれないだろうが、その半分くらいの狡獪な蛇にはなってみせようと小四郎は思った。

 

次ページ

目次へ戻る

LULUSIA-ルルシア-

 

関連記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―21

  2. 腑抜けの三郎―北条重時―36

  3. 腑抜けの三郎―北条重時―17

  4. 北条政子の夢買物語 8

  5. いもうと(頼朝と政子)

  6. とかじり小四郎 ―北条義時―32

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
ページ上部へ戻る