menu
閉じる
  1. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  2. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  3. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  6. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  7. いもうと(頼朝と政子)
  8. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  9. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  10. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  6. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  7. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―38
  9. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―37
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

とかじり小四郎 ―北条義時―37

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『 とかじり小四郎 ―北条義時― 』

 

 一一九二年、九月二十五日。

「え、迎えに来たの? どうして?」

 白姿の真朝は大きな目を更に大きく見開いて、突然現れた小四郎を見つめた。

 今回の婚儀は比企への通い婚ではなく、真朝を江間に迎えての嫁入りとされていた。小四郎は江間の館にて真朝の到着を待つはずだった。

 だが真朝の問いには返事をせず、小四郎は真朝を抱き取り馬上へと乗せる。

 婚儀の準備を整えて出発するばかりだったお付きの者達はどうしていいやら戸惑って首を巡らせている。そんな彼らを後目に、小四郎は真朝を前に詰めさせると鞍に飛び乗り小富士の手綱を引いた。蹄の音高らかに走り出す。

「しょんねぇからな」

「え?」

「昔、約束した。帰りも送ると」

 だけれど小四郎は送らなかったのだ。

 あの日、石和五郎との別れの後、北条の館にも江間の館にも帰らずうろうろと富士を目指したのだ。石和五郎を追いかけたかったのか、ただ泣きたかったのか。

 真朝はその後何度か安達藤九郎と共に北条館に遊びに来ることはあったが、小四郎のことを怒っていたのかしばらく口もきいてくれなかった。

 そのうち小四郎への悪戯という形で口はきいてくれるようにはなったが、小四郎の馬に乗ることはなかった。だから気になっていたのだ。

「どこへ行くの?」

 それには答えず、小富士を走らせる。真朝は赤い顔をして口を尖らせた。

「せっかく髪を綺麗にまとめたのに」

 風になびき、太く黒々とした髪が小四郎の頬を撫でる。

「こんなに風に煽られたら、また髪が絡まっちゃうじゃない」

 文句を言いながらも、でも真朝の顔は期待に満ちて美しく輝いていた。

「とかじったっていい」

 真朝が小四郎を振り仰ぐ。黒い瞳が小四郎を覗き見る。

「とかじるのはしょんねぇんだ。とかじってていいから」

 とかじったそのままを受け入れるから、とそう告げたら、真朝は恥ずかしそうに少し唇を噛んで、それからこくりと頷いた。

 

次ページ

目次へ戻る

LULUSIA-ルルシア-

 

関連記事

  1. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・前編)

  2. とかじり小四郎 ―北条義時―36

  3. とかじり小四郎 ―北条義時―32

  4. 北条政子の夢買物語 10

  5. 腑抜けの三郎―北条重時―29

  6. 北条政子の夢買物語 40

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―39
ページ上部へ戻る