menu
閉じる
  1. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  2. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  3. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  6. いもうと(頼朝と政子)
  7. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  8. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  9. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  10. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
閉じる
閉じる
  1. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  2. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  3. 脳腫瘍手術後・療養日記2
  4. 脳腫瘍手術後・療養日記1
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―67
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―66
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―65
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―64
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―63
  10. 女頼朝、更新しましたー
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

とかじり小四郎 ―北条義時―4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『 とかじり小四郎 ―北条義時― 』

 

「よぉ、どうした? 鬼にでも喰われたよっちょ顔して」

 蛭ヶ島の古い館。伊豆に流された直後に数年と、招かれた伊東から命を狙われて北条を頼って戻ってきての数年を頼朝が過ごした場所。空き家になっていたこの館には、ここ一月程、甲斐の石和五郎が住み着いていた。

「うんうん、誠におっそろしい鬼に喰われたのだよ。な、小四郎?」

 思いがけない声に顔を上げれば、部屋の奥に頼朝が座っていた。朝からいないと思ったらここにいたらしい。てっきり江間にいるのかと思っていた。

「誠、恐ろしきは女。他家へと入った女はあの手この手で生き抜こうと鬼になるからな。小四郎などは尻からガリガリ食べられてもしょんないわ」

 ギョッとして頼朝を凝視する。頼朝は悪気の無さそうなおっとり顔で笑っているが、その目は何かを雄弁に物語っている。見られていたのか、と小四郎は頬を引き攣らせた。

 

 つい数日前のことだ。保子の言った通りだ。義母である牧の方は小四郎の部屋へと忍び入り、有無を言わさず小四郎を襲った。時政と牧の方が結婚してもう二年以上になる。だが牧の方に懐妊の兆しはなかった。子の無い嫁ほど立場の弱いものはない。牧の方は焦っていた。

「別にいいじゃない。館の外に男を作るのでなし。同じ北条の血なのだから」

 兄にもきっとそうやって迫ったのだろう。だが兄が落ちなかったので小四郎の所に来たに違いなかった。必死で抵抗する小四郎に、牧の方は冷たい目をして笑ったのだ。

「いいわよ。子種をくれないというのなら、あなたの兄と姉が何をしているのかを殿に言うわ。佐殿にもね。それから江間の館で佐殿が何をしているのかも政子殿にお話ししましょうか?」

 まさに鬼。小四郎なら容易く御すことが出来ると思ったに違いない。そして実際にその通りだった。

「あー、そりゃしょんねぇずら」

 石和五郎が手にしていた小刀で矢の手入れをしながら口の端を上げる。

「男は外で戦うが、女は内で戦う。普通は姑が強いもんじゃが、後妻と長女が同じ歳じゃしょんねぇよ。佐殿が外に出てやりゃいいのに」

 頼朝はおっとりと笑って首を頷かせた。

「うんうん、誠にその通りなんだが、私は流人で弱い立場だからなぁ」

「よく言う。好き勝手に遊び歩いてる癖に」

 

 その時、庭先に安達藤九郎が姿を現した。

「殿、こちらでしたか。探しましたぞ」

「うんうん、ここだ。どうした?」

「比企の義母から荷を預かりましてな。北条の皆様方に差し入れをと思ったのですが……」

 藤九郎の背後から五つくらいの年頃の子供が顔を出す。子供は挨拶もせずに館に上がり込むと誰かを探すようにキョロキョロと首を廻らし、それから文句ありげな顔で小四郎を睨んだ。

 
次ページ

目次へ戻る

LULUSIA-ルルシア-

 

関連記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59

  2. とかじり小四郎 ―北条義時―38

  3. 名こそ惜しけれ(頼朝と政子)6

  4. 腑抜けの三郎―北条重時―54

  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」4(My wife’s mirror:…

  6. 北条政子の夢買物語 31

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  2. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  3. 脳腫瘍手術後・療養日記2
  4. 脳腫瘍手術後・療養日記1
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―67
ページ上部へ戻る