menu
閉じる
  1. いもうと(頼朝と政子)
  2. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  3. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  4. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  5. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  6. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  7. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  8. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  9. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  10. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  2. 更新が滞るかもしれません
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―53
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―52
  7. 小説の挿絵イラストを簡単に準備する方法
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―51
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―50
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―49
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

とかじり小四郎 ―北条義時―9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『 とかじり小四郎 ―北条義時― 』

 

 東国の武士団の中で、三浦や千葉は味方となる公算が高かったが、それ以外の大庭や梶原などは清盛方に呑み込まれていた。比企と小山には頼朝の乳母がいて、河越は比企の尼の娘が嫁いでいる。武田、足利、新田、佐竹は源氏で、既に地方に土着して各々個別の勢力を持っている為、頼朝の号令に呼応しない可能性が高い。

 動きが読めないのは畠山、江戸、葛西の秩父氏一族だった。畠山はその昔、源義朝の協力を得て家督を継いだ経緯があるが、平治の乱で義朝が敗れて武蔵国が平清盛の子・知盛の知行国となって以降、平家に従属していた。

「畠山に江戸、葛西か……小四郎、お前が行け。あそこを味方に出来れば大手柄だ」

 捨て駒。一瞬浮かんだのはそんな言葉。でも小四郎に否やは言えない。小四郎は身の回りの物を片付けると武蔵国へと向かった。

 

 だが頼朝達が思うよりも早く、事は動いていた。以仁王挙兵の噂はどこからか漏れ、東国の武士達はその制圧の為にと続々と京へと呼び集められていた。畠山領に着いた小四郎を迎えたのは、畠山重能の嫡男・重忠だった。重忠は小四郎より一つ年下ながら、身体は大きく態度も大きく、身から溢れ出る自信と留守を任された嫡男としての自負で小四郎を強く圧倒した。

「確かに父は義朝公に恩義があって過去はお味方したようだが、それは昔のこと。今はその父も叔父達も皆平家に呼ばれて京にある。その平家に背くなどありえないこと。お引き取り願おう」

 そう言ってさっさと小四郎を追い出す。

「北条だか南条だか知らぬが、義朝公の遺児とは言え、東国になんの基盤も家臣も官位も持たぬ輩をよくもまぁ受け入れたものだな。どうせ源氏を立てるなら、甲斐源氏の武田の方が余程説得力がある。単なる血筋だけで東国の武士を騙せると思わぬ方がいい」

 「殺されぬだけマシと思え」と重忠は不遜な顔で笑った。

 

「やあ、帰ったか、小四郎」

 北条に戻った小四郎の顔を見るなり、頼朝は酒の入った上機嫌な赤ら顔でにへらと笑った。

「うんうん、誠、誠に大義であった」

 それは頼朝の口癖ではあったが、いつもは気弱で優しげな口ぶりで言うのが、今日はいやに偉そうだ。

「それでだ。どうにもならんから兵を挙げることとした」

 留守の間に何があったのか、驚いて目を瞬かせる小四郎の前で頼朝は大きく腕を振る。

「えいっ! こうやって瓶子を倒すのら」

 床に並べられた瓶子がなぎ倒される。散らばったそれらをよく見れば、瓶子の一つ一つに筆で顔が描かれている。おまけに清盛、宗盛、知盛、重衡、教盛、時忠など名まで書かれている。

 呆れた。こりゃあ確かに駄目だ。こっそりと肩を落とす。

 でも頼朝はそれ以上に落ち込んでいるのだろう。あまり呑める性質でもないのに無理に飲んだと見える。

 小四郎は頼朝に同情した。その肩に手を置く。

「しょんねぇ」

 言って、うんうんと頷いて見せる。出来るだけ気持ちをこめてそう伝えたのだが、頼朝はトロンとしたままの目でまじまじと小四郎を見、それからしばらくしてブーッと噴き出した。

 

次ページ

目次へ戻る

LULUSIA-ルルシア-

 

関連記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―41

  2. 北条政子の夢買物語 10

  3. とかじり小四郎 ―北条義時―22

  4. 腑抜けの三郎―北条重時―18

  5. 腑抜けの三郎―北条重時―55

  6. 腑抜けの三郎―北条重時―06

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  2. 更新が滞るかもしれません
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―53
ページ上部へ戻る