menu
閉じる
  1. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  2. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  3. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  4. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  6. カクヨムで連載中です
  7. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  8. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  9. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  10. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
閉じる
閉じる
  1. カクヨムで連載中です
  2. 2021年もどうぞ宜しくお願いいたします
  3. 北条一族って
  4. こんにちは。細々と活動してます。
  5. とかじり小四郎・江間義時を一旦下げましたが、やっぱり戻しました。
  6. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  7. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  8. 脳腫瘍手術後・療養日記2
  9. 脳腫瘍手術後・療養日記1
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―67
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

とかじり小四郎 ―北条義時―8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『 とかじり小四郎 ―北条義時― 』

 

 伊豆が騒がしくなったのは、その明くる年の春のこと。頼朝の叔父・源行家が、以仁王の令旨を手に北条館を訪れたのである。

「平家を討てと?」

 宗時が眉をしかめる。それに対し、時政は鼻を大きく膨らませた。

「とうとう来ましたな。源氏の隆盛が」
「いや、父上。慌てない方がいい。もう少し京の様子を見るべきです」
「三郎! そんなことを言っていては機を逃すぞ!」

「うんうん、誠に宗時殿の申す通り。だって私には部下もおりませぬし無理ですよ」
「いや、佐殿のお父上・源義朝公に仕えていた源氏累代の家人が東国にはたくさんいるではないですか! 彼らに声をかけましょうぞ」

 あくまでやる気満々な時政に、頼朝は宗時とチラと顔を合わせる。

 小四郎も一応呼ばれて同じ部屋にはいたが、何の発言を求められることはなくただじっと座っていた。

「父上、佐殿の元には乳兄弟の三善殿から逐一情報が入って来ますから、それを待ちましょう」
「三郎! お前は何事もそうやって及び腰だからいかんのだ! だから政子も……!」

 空気が凍る。言いかけた時政も息をのむ。その後しばらくして下手な咳払いをしながら時政は顔を背けた。

 ただ、頼朝だけが真っすぐ前を見たまま気付かないような顔をして口を開いた。

「うんうん、確かに父と志を同じくした武士は東国に幾らかおりましたな。では、その心中を探るくらいのことは進めてもいいかもしれません。使者か文を送るなどして」

 そして小四郎はその使者として武蔵国へと送られることになった。

 

次ページ

目次へ戻る

LULUSIA-ルルシア-

 

関連記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―04

  2. とかじり小四郎 ―北条義時―36

  3. とかじり小四郎 ―北条義時―34

  4. とかじり小四郎 ―北条義時―23

  5. とかじり小四郎 ―北条義時―15

  6. とかじり小四郎 ―北条義時―6

おすすめ記事

  1. カクヨムで連載中です
  2. こんにちは。細々と活動してます。
  3. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  4. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  5. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. カクヨムで連載中です
  2. 2021年もどうぞ宜しくお願いいたします
  3. 北条一族って
  4. こんにちは。細々と活動してます。
  5. とかじり小四郎・江間義時を一旦下げましたが、やっぱり戻しました。
ページ上部へ戻る