menu
閉じる
  1. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  2. いもうと(頼朝と政子)
  3. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  4. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  6. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  7. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  8. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  9. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  10. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  6. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―38
  8. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―37
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―36
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

イザヤ!鎌倉「江間家の段」2(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「江間家の段」
出演:江間小四郎(北条義時)、真朝(姫の前)、畠山重忠、源頼朝、北条政子(キャラは拙著「とかじり小四郎」より)

ー その2 ー

LULUSIA-ルルシア-

 

「信じらんない! 女の子の髪の毛よ! フツー切る?!」

「いや、だから紐の方」

「ダメったらダメ! この紐は特別仕様なのよ! 今日のイベントの為に用意したのよ!」

 困った。だが確かに妻としての真朝を思うと、もしここで切ったら後々までしつこく言われるだろう。

「わかった。じゃあ、頭を抑えてろ」

 立ち上がる。髪の房と紐を受け取り、真朝の背に立つ。

「え……何する気よ」

「引っ張る」

「ぎゃー!! やめて! 力づくで言うことを聞かせるなんてひどい! エッチ! ヘンタイ!」

 改めて言うが、卑猥なことは何もない。

 開けた蔀戸から陽の光が入ってくる。大分日がのぼってしまった。姉の怒り顔が浮かぶ。それに御所のニヤニヤ顔も。遅刻したら絶対セクハラ&パワハラ発言をたっぷり頂戴することになる。冗談ではない。

「そろそろ参内しないとまずいんだ」

「だって朝餉もまだ食べてないのに」

 小四郎は首を横に振った。

「今日は違う直垂で出かけるから、俺が出た後に……」

 そう口にしかけた途端、真朝の眉が吊り上がった。

「ひどいわ! 今日の為に徹夜で準備した直垂なのに着てくれないなんてひどすぎる!」

 そう、数日前から徹夜で懸命に縫っていた。それは知ってる。その分、昼間に寝ていた筈だが。そして昨晩お披露目してくれたのはいい、枕元に大事に置いて寝たのはいい。だが、そのせいで今この事態に陥っている。

「それに、こんな恥ずかしい状態の女の子を置き去りにするなんて、男として最低だと思わないの?」

 重ねて言うが、卑猥なことは……

 小四郎は深いため息を一つついた。小さく華やかな頭の上にぽんと手を起き、片膝を立てて真朝の脇に腰を下ろす。小さな白い手を上から大きく包みこみ、妻の瞳をじっとのぞき込む。

「お前はどうして欲しい」

 

次ページ

 

とかじり小四郎目次へ

関連記事

  1. 琥珀の龍紋―北条時政―あとがき<アマカケル外伝>

  2. とかじり小四郎 ―北条義時―28

  3. とかじり小四郎 ―北条義時―12

  4. 腑抜けの三郎―北条重時―22

  5. 腑抜けの三郎―北条重時―41

  6. 北条政子の夢買物語 37

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
ページ上部へ戻る