menu
閉じる
  1. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  2. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  3. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  4. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  5. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  6. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  7. いもうと(頼朝と政子)
  8. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  9. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  10. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
閉じる
閉じる
  1. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  2. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  3. 脳腫瘍手術後・療養日記2
  4. 脳腫瘍手術後・療養日記1
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―67
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―66
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―65
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―64
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―63
  10. 女頼朝、更新しましたー
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

イザヤ!鎌倉「江間家の段」4(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「江間家の段」
出演:江間小四郎(北条義時)、真朝(姫の前)、畠山重忠、源頼朝、北条政子(キャラは拙著「とかじり小四郎」より)

ー その4 ー

LULUSIA-ルルシア-

 

 ……が、飛び出た途端に、嫌なヤツと顔を突き合わせる。

 畠山重忠。

 重忠は、飛び出てきた小四郎に一瞬目をむいて硬直した顔を見せたが、次の瞬間にはフンと偉そうに鼻を鳴らし、大股で小四郎の前へと歩み出た。

「祝いの日だというのに、お前はまたそんな地味な格好で。TPOをわきまえろ」

 そういう重忠は桃色の直垂。それも金の桜吹雪が所々に舞っている。これは別の意味で浮くだろうと思うが、もちろん余分なことは言わない。ただ、重忠の嫁となった妹の昔からの趣味の悪さを思い出して、そっと同情をする。

「ま、でも仮にも俺の義兄。忠告はしておいてやる。感謝しろ」

 忠告? 小四郎は首を傾げる。

 重忠は御所の方を向いたまま何気ないような口ぶりで、でもそっと声のトーンを落として続けた。

「せめても顔を派手にという努力は認めるが、お前に口紅は合わぬ。とっとと取れ」

 ぎょっとして慌てて口元を拭う。その間、重忠は仁王立ちして小四郎の前で動かなかった。隠してくれているのだろう。ピンクの着物の大男が道端で突っ立っているという異様な光景は逆に人目を引いていたが、小四郎は重忠の気遣いに、ほっと心を和ませた。

 重忠は嫌な奴だが男気がある。これで嫌味を言うのでなかったら、もっと仲良くなれるのだが。

「済まない。教えてくれてありがとう……助かった」

 小さくそう礼を言った途端、くくく、と変な音がして、それから大爆笑が響いた。

「バーカ、この間抜け! 簡単に引っかかりやがって」

 目を瞬かせる。重忠は振り返ると馬鹿でかい図体を屈ませ、小四郎の鼻先にそのぶっとい指を突きつけた。

「フェイクだよ、フェイク! 本当バッカだな」

 ……こいつもか。

「あ、なに落ち込んでる系?」

「……別に」

「いーじゃん、愛されキャラでさ。羨ましい限りだ」

 じゃあ、お前がその「愛されキャラ」とやらになってみろ、そう言いたいのも飲み込むと、小四郎は重忠を置き去りに、さっさと御所へと駆けた。

 

「うんうん、今日も血色が良いではないか。どうだ? 新妻の調子は。しかし遅刻とはいい度胸だな。それにその直垂はいかんぞ。おい、政子、ちょっと見てみろ」

 到着するなり、御所に目ざとく見つけられる。

「まぁ、姫の前があんなに一生懸命準備してたのに、小四郎ったら着てあげなかったの? 姫の前が可哀想だったら! ちょっとこっちにいらっしゃい! 大体、別に選ぶにしたってもうちょっとマシなのあるでしょうに。なんなの、その地味っぷり」

「誠、誠。だが小四郎の場合、直垂をいくら派手にしても目立たないのは変わらないがなぁ」

「それもそうね。ま、御所様の護衛が小四郎の一番の任務だし、やっぱりこのまんまでいいかしら」

 鎌倉殿ご夫婦のセクハラ&パワハラ攻撃は今日も健在だ。

 小四郎は一連の流れをサクッと済ますと、イベント会場へと急いで向かった。その控室である侍所の詰所からは、賑やかな……いや度を超した騒音と陽気過ぎる笑い声が響いてくる。

 あいつら、もう酒を入れてやがる。イベント前は絶対に樽を開けるなと、昨日あれだけ言ったのに。

 とにかく、酒豪で暴れ上戸&泣き上戸の重忠が合流してしまう前に、やつら全員外に追い出さないと。

 と思ったそばから、重忠がピタッと隣に並んで走っていた。咄嗟に足を引っ掛けて転ばせようとするものの、その身体に似合わぬ敏捷さでヒラッと飛び上がり、詰所の戸をガラッと開ける。

「お前ら、何、先に楽しんでやがるんだ! 俺も混ぜろ!!」

 戸の前でバンザイする重忠の背を後ろから蹴り倒す。叫ぶ。

「お前ら全員、減俸だ! とっとと外に出ろ!」

 

次ページ

 

とかじり小四郎目次へ

関連記事

  1. 北条政子の夢買物語 8

  2. 名こそ惜しけれ(頼朝と政子)5

  3. とかじり小四郎 ―北条義時―17

  4. 腑抜けの三郎―北条重時―32

  5. とかじり小四郎 ―北条義時―18

  6. とかじり小四郎 ―北条義時―22

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

    • サクラ
    • 2018年 6月 25日

    こんにちは。畠山重忠のイラストまで見れて嬉しいです。キャラもいいキャラしてますね。世間一般の畠山像と違うけど、こちらの畠山氏はなんか可愛くて、いままでとは違った形で愛せます。ピンクの直垂の重忠を写真に撮って拡散したいくらい。
    私は、最近は北条氏より三浦氏へと愛が傾きつつありますが、北条氏あってこその三浦氏への愛なので、やっぱりこちらで北条氏が愛されてると、すっごく嬉しいです。また時々遊びに来させて下さいね。失礼致します。

      • やまの龍
      • 2018年 6月 27日

      サクラさん、こんにちは。
      重忠さん、ピンク直垂ですみません(^^;私の愛の形なのです〜
      三浦氏愛なのですね。ぎくり。実は重時さん話では三浦さんをちょい悪役にしてました。
      和田…というか朝比奈愛に傾いた為に義村さんがちと…。あ、でも光村くんには期待の愛をこめましたけど。
      本当、北条あっての三浦だし、三浦あっての北条だと思います。
      今、アマカケルの外伝がまとまらずに潜水中です。目処がついたらこの後どうするか考えます〜
      また気長〜に覗いてやってくださいませ。

        • 昨夜
        • 2018年 6月 28日

        お返事ありがとうございます。この重忠もみんなに愛されてそうでいいですね。
        いや、三浦は陰謀説のせいで嫌われてるのは慣れてるし、私が一番ハマってる泰村もヘタレで書かれるのに慣れてるんで、大丈夫です。佐原和田込みの三浦ラブですし。
        ただ、義村は私好みでは陰謀しまくってるちょいワルオヤジですが、実際には一貫して義時派だし、あの義時も義村信用しきってるので、実は義時の忠実な同志なんだろうなー、って感じ。泰村は最後のセリフがマジ泣きなので。普通なら遺体の辱しめ受けないために火をつけるところを法華堂焼かなかった彼の静かな覚悟に惚れましたし、最終的にみんな彼の命令聞いてるので、なんだかんだで長として慕われてたのかな、と。私は正直、安達が苦手かな、はは。長くなって申し訳ない。では。

          • やまの龍
          • 2018年 7月 03日

          こんにちは。お返事遅くなってごめんなさい。引きこもって?おりました。
          あ、義村わかります。義時とは仲がいいというかブレがないですよね。
          三浦合戦の辺り、ちゃんと調べていないのでよくは知らないのですが、泰村は私も多分嫌いではないです。
          安達は、父は割と好きですけど息子は確かに……。色々ご苦労があったのでしょうが。
          歴史は(現代も)多くの陰謀で満ちてますが、それぞれの立場での正義ありきでなんでしょうね。
          大河ドラマ見てても、時に「ちがーう!!」と叫びたなることが多々あります。
          源平も薩長会津も武田上杉も徳川真田も、どっちに心が近いかで変わりますね。
          とりあえず「西郷どん」はエンタメとして小栗龍馬をのみ楽しみに生きておりますが。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  2. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  3. 脳腫瘍手術後・療養日記2
  4. 脳腫瘍手術後・療養日記1
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―67
ページ上部へ戻る