menu
閉じる
  1. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  2. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  3. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. こんにちは。細々と活動してます。
  6. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  7. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  8. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  9. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  10. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
閉じる
閉じる
  1. とかじり小四郎江間義時を一旦下げます
  2. こんにちは。細々と活動してます。
  3. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  4. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  5. 脳腫瘍手術後・療養日記2
  6. 脳腫瘍手術後・療養日記1
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―67
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―66
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―65
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―64
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

北条政子の夢買物語 18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アワの夢「北条政子夢買物語」

 

しくしくしく。
誰かが泣いている。声を押し殺して。
「誰?」
話しかけたら、座りこんで泣いていたその子は、ぱっと立ち上がり、こちらを睨んだ。
「なんで泣いてるの? 転んだの?」
話しかけるが、その子は黙ってこちらを睨みつけるばかり。私は首を傾げ、困ったなと思う。でも、ふと懐の中に入れていたある物を思い出し、それを取り出すと差し出した。
「はい、橘の実。一緒に食べない?お薬になるんですって」
一つをその子の手に握らせ、もう一つを自分でかじる。その途端、強い酸味が口の中を踊り回る。思わず小さな悲鳴を上げる。横を向いたら、その子も舌を長く外に吐き出して渋い顔をしていた。
「すっぱい」
「うん、すっぱいね」
そう答えたら、
「何で泣いてるの?」
逆にその子に問われた。それで私は自分の頬に手をやって初めて、自分も泣いていたことに気付いた。私は首を傾げ、一生懸命に頭を働かせた。それから頷いて答える。
「うん。多分、橘の実がすっぱいから泣いてるのよ」
そうしたら、その子も頷いて、それから笑った。
「うん、橘の実がすっぱいから、ぼくも泣いたんだよ」

 

「政子」
兄の呼ぶ声。耳元で囁かれる優しい響きに、政子はうっとりとたゆたった。何て素敵な夢なんだろう。兄が私の名を囁いてくれている。
「政子」
もう一度呼ばれる。
「なあに?」
答えてから、その声に妙に現実感があることに気付く。ぱちっと瞼を上に持ち上げたら、そこには心配そうな兄の顔があった。
「政子、目を覚ましたか」
「う、うん!」
慌てて返事をするが、その距離の近さに頭の中はどろどろと溶けて落ちそうになっていた。
おまけに目線を下げてみれば、そこには逞しい裸の胸。そして自分が軽く羽織っていたのは兄の着物だった。政子が着ていた着物はすっかり取り払われている。
「な、な、な、何で私、兄さんの着物……」
「川に落ちただろ」
「え、あ、う、あ、うん」
そうだ。着物が濡れたのだ。
「俺の着物の方がまだ濡れてなかったからな」
政子は必死で頭の中で唱えた。おかしくない、おかしくない。私たちは兄妹なのだ。これは救命行為なのだ。

その時、ぱちんと何かがはぜる音がした。目をやれば、火がぱちぱちと燃えている。頭を廻らせて辺りを見回してみたら、崩れかけてはいるが一応屋根らしきものがあった。戸は壊れて隙間風はひゅうひゅうと声をあげているが、でもそれほど寒くはなかった。濡れた政子の着物が吊るされ、はたはたと風にはためいている。
「ここ、どこ?」
「どこだろうな」
「え?」
政子が目を上げたら、宗時はふう、とため息をついて言った。
「悪いが俺も迷子だ」
その言い方が可笑しくて、政子は笑った。

 

次ページ

目次へ戻る

LULUSIA-ルルシア-

関連記事

  1. 北条政子の夢買物語 2

  2. 北条政子の夢買物語 13

  3. 腑抜けの三郎―北条重時―64

  4. とかじり小四郎 ―北条義時―18

  5. 北条政子の夢買物語 14

  6. 腑抜けの三郎―北条重時―44

おすすめ記事

  1. こんにちは。細々と活動してます。
  2. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  3. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  4. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. とかじり小四郎江間義時を一旦下げます
  2. こんにちは。細々と活動してます。
  3. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  4. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  5. 脳腫瘍手術後・療養日記2
ページ上部へ戻る