menu
閉じる
  1. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  2. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  3. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  6. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  7. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  8. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  9. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  10. いもうと(頼朝と政子)
閉じる
閉じる
  1. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  2. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  3. 脳腫瘍手術後・療養日記2
  4. 脳腫瘍手術後・療養日記1
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―67
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―66
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―65
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―64
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―63
  10. 女頼朝、更新しましたー
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

北条政子の夢買物語 20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アワの夢「北条政子夢買物語」

 

この時代、処女であることはあまり重要視されなかった。女にとって重要だったのは誰の娘であるかということ。また、誰と結婚をしたのかということ。離婚や再嫁は、その身に箔が付くかどうかというくらいで、前の夫がそれなりに名のある人物であれば再嫁先でもその地位が重んじられ、かえって尊敬されるくらいのものだった。
男女の性も広く開かれていて、相互理解の手段として、あまりこだわりもなく行為に及ぶ場合が多かった。血が濃い間柄で子が生まれると何らかの不具合があることが多かったため、兄妹の、それも同腹の兄妹の結婚は禁忌とされていた。ただし母親が違う場合には許された場合もあった。

政子の初めての体験もそんな開かれた世界にあって、誠にあっさりとした感じで終わった。近所の顔見知りの男と偶然遠乗りの途中で出会い、会話を重ねた中で、何となく儀礼的に過ぎたようなものだった。
その後、その男とは何もない。普通に挨拶をする程度だ。その男も今は妻を娶っている。

よくわからない、と政子は思っている。
性行為は一般にとても気持ちがよいものだと、天にも昇る心地だと聞いた。口さがない近所の女衆が、こそこそと寄り集まって立ち話していたのにぶつかって、無理矢理聞かされたこともある。政子もその場では適当に相づちを打って誤摩化した。でも、本当は政子には全くよくわからなかったのだ。
性行為は赤子を産む為に我慢をしてやるものだと、男を喜ばせるために頑張るものだと政子はそう信じていた。

 

北条館にて。ぱちぱちと燃える竃の火を眺めながら、政子は頭を抱えていた。
「ああ、もう、私の馬鹿」
政子は人生最大の不覚をやらかしたことを、心から後悔していた。
「失敗した。失敗してしまったわ」
頭をぽかぽかと叩く。
「何で、私ったらあの状況で眠ってしまったのよ!」

痛くない。あの日、政子は目覚めてそう思った。
壊れた屋根、ぱちぱちとはぜる炎。馬の足踏みする音。でも、兄はそこにいなかった。
あれは夢だったのだろうか。兄の肌に温められたのは。
政子はううん、と首を振る。あれは確かに夢ではない。だって、私はまだ兄の着物を羽織っている。

あの時、確かに兄の口付けを受けた。そのまま進むかと思われた。なのに下肢に痛みがないということは、進まなかったということ。
考えられるのは、自分が寝てしまったから。
寝ている自分相手に兄が無理強いをするわけもない。
「ああ、私の馬鹿馬鹿!」
自分の頭を更に叩いて反省するが、何を後悔しても、今更時は戻りはしない。
政子は心底がっかりしていた。
痛くても、血が出ても、眠っていても、たった一度でもいい。兄とそういうことがあったと、そういう思い出が欲しかったのに。そうしたら、自分はきっとその美しい想い出を生涯大切に守って生きていけたのに。
それこそ、どこの誰と結婚したとしても。
「あーあ、時間が戻ればいいのに」
埒もないことを考えて、政子は何十度目かの深いため息をついた。

 

次ページ

目次へ戻る

LULUSIA-ルルシア-

関連記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―07

  2. とかじり小四郎 ―北条義時―6

  3. 腑抜けの三郎―北条重時―15

  4. 北条政子の夢買物語 29

  5. とかじり小四郎 ―北条義時―3

  6. 腑抜けの三郎―北条重時―05

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  2. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  3. 脳腫瘍手術後・療養日記2
  4. 脳腫瘍手術後・療養日記1
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―67
ページ上部へ戻る