menu
閉じる
  1. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  2. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  3. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  4. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  5. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  6. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  7. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  8. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  9. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  10. いもうと(頼朝と政子)
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  6. 更新が滞るかもしれません
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―53
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―52
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

腑抜けの三郎―北条重時―04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

 
 
 鎌倉初期、江間の館は御所の南方に小じんまりとあった。頼朝の近従だった義時がすぐに参内出来るようにと御所の間近に建てられたのだ。その小さな庭ではいつも子供達の声が響いていた。

「ほら腑抜け! もっと力を込めてかかって来なきゃ、あっという間に殺られるぞ!」

 次郎兄の剣の稽古は厳しい。気付くと手や足が傷だらけの血まみれになっている。

「三郎、馬も道具も対する時は丁寧を心がけよ。けっして気を抜くことのないように」

 泰時兄の乗馬の稽古は静かで穏やかだけれど、礼儀・作法にはかなり煩かった。

 父は弓や馬の稽古はつけてくれない。でも三郎を膝に乗せ、多くの書を読んでくれた。普段ほとんど声を出さない父が書を読み聞かせる時だけは声が大きい。楽しそうに読む父の顔を見上げる時間が三郎は好きだった。

「もう暗くなってますよ。あなたったらまた書ばかり読んで」

 母が笑顔で現れると父は初めて気付いたように目を上げる。それから「足が痺れた」と三郎を膝から下ろし、しっしっと厄介払いして笑顔で母に向かう。母が満開の笑顔を見せる。

 母は鎌倉一の美人。子供の目から見ても二人は睦まじく、仲の良い兄弟がいて、鎌倉の賑やかな通りを歩く人の笑い声が聞こえ鳥の囀りが聴こえ、三郎は毎日が楽しくて仕方なかった。

 この生活が続くことに何の疑いも持っていなかった。

 

――ピチャン。

 微かな水音にゆっくりと瞼を開ける。真っ白い壁に覆われた仄白い洞窟のようなその空間をぼんやりと三郎は見回す。

 一面壁に覆われているのに、どこからか光が差し込んでるわけでもないのに、火が焚かれているわけでもないのに、何故か明るい空間。まるで壁自体が発光しているかのようだ。

――ボロ……ン。

 弦の震えにハッと首を廻らせる。壁に背をもたせ一人の少女が琵琶を抱いていた。

 年の頃は三郎と同じくらい。だがその身は着物を羽織らぬ裸体で、肩や腰にかかる長い髪は黒々と濡れている。しかし目を引いたのは腰から下。それは人の脚の形こそしていたが、鈍く虹色に輝く魚の鱗に覆われていた。

――人魚だ。

 

次ページ

目次へ戻る

関連記事

  1. 北条政子の夢買物語 39

  2. 北条政子の夢買物語 13

  3. とかじり小四郎 ―北条義時―32

  4. 北条政子の夢買物語 3

  5. 腑抜けの三郎―北条重時―10

  6. とかじり小四郎 ―北条義時―18

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
ページ上部へ戻る