menu
閉じる
  1. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  2. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  3. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  4. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  5. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  6. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  7. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  8. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  9. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  10. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  6. 更新が滞るかもしれません
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―53
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―52
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

腑抜けの三郎―北条重時―16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

 
 
『触れてはならぬ』

 青年は低い声で呟いた後、ゆっくりと三郎を掴んでいた手を開いた。辺りの霧が晴れていく。霧はある一点へと凝縮していき、徐々に白い人の形を浮かび上がらせた。

 いや、人ではない。上半身こそ人の形をしていたが、その下半身は長くグルグルととぐろを巻いていた。

「物の怪……!」

 三郎は思わず少女の背に隠れる。

「やだ、私の後ろに隠れないでよ!」

 抗議の声を構わず、三郎は少女の肩に捕まり、一心に念仏を唱え始めた。

「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏……」

「女の子の後ろに隠れるなんて最低。あんた武士の子なんでしょ!」

「武士の子でも怖いものは怖いもの。それに僕は僧になるんだ!」

「僧になるなら尚のこと何とかしてよ!」

「まだ僧じゃないもの!」

「この……腑抜け! それでも男なの?」

 頭を殴られるが、顔を上げられない。

「神様、仏様、弁天様、龍神様、阿弥陀様、お釈迦様、観音様、菩薩様、明王様、閻魔様、八百万の神様、どうか助けて!」

 思いつく限りの神の名を口にする。

「無茶苦茶よ!」

 少女が叫んだ時、ククク……と密やかな笑い声がさざめくように辺りから寄せて来た。

『ようやっと現れたか。待ちくたびれたぞ』

『お久ぁ。大きくなったね』

『フン、折角の玉をロクな使い方もせんと』

『あり? 白はどこ行ったでし?』

『あら、さっきまでいたのに』

『ケッ、きまりが悪くて隠れてるんだろ』

『腑抜け』

 様々な色の声が上から下から横から響いてくる。高く、低く、太く、細く、何人いるのかも分からない。声はすれども姿は無い。霧が晴れただだっ広い水色の空間で、三郎と少女は種々の声色に囲まれて立ち尽くした。

『白はどこ? 玉を取り返さないの?』

『……白のヤツ、もしや玉をこのまま手放すつもりではあるまいな?』

『アイツにそんな度胸があるきゃよ!』

『こうしてお膳立てしてやってるというに』

 文句を呟く声達の中、はっきりとした声が一つ響いた。

『お主ら、いい加減に諦めよ。白は昇華させるつもりじゃ』

 全ての声が止まる。空気が重みを増す。しばしして怒りを帯びた太い声が響いた。

『そのようなこと、儂は許さんぞ』

 他の声達が賛同する。

『ああ、そのようなことはさせぬ』

『我々は兄弟だ。玉は兄弟皆の物』

『だが玉は白に取り戻させねば。どうする』

 それに対する返答はない。三郎は自分に視線が集中するのを感じた。

『もう少し預かっておれ』

 ごうごうと風が渦を巻き、ぼこぼこと泡が噴き出す音。そして三郎は意識を失った。

 
次ページ

目次へ戻る

関連記事

  1. 六連銭(真田の星)

  2. イザヤ!鎌倉「江間家の段」2(My wife’s mirror:…

  3. 腑抜けの三郎―北条重時―21

  4. 腑抜けの三郎―北条重時―38

  5. 北条政子の夢買物語 16

  6. 北条政子の夢買物語 32

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
ページ上部へ戻る