menu
閉じる
  1. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  2. いもうと(頼朝と政子)
  3. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  4. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  5. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  6. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  7. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  8. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  9. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  10. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  6. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  7. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―38
  9. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―37
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

腑抜けの三郎―北条重時―23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

 
 
 三月九日、将軍と御台所、尼御台、執権らを乗せた船が三浦三崎の桜の御所へと向かっていた。船上では雅な音楽が鳴らされ、舞や謡が行われていた。

 音はその船上にて神事を執り行っていた。厳かな顔をしながらも、ちらちらと目を走らせては三郎の姿を探す。

 でも、幕府の要人ばかりの錚々たる顔ぶれに、元服したての武士の子が付き従えるわけもないのだろう。それらしき姿はどこにもなかった。

 音は内心がっかりしながらも懸命に舞った。袖を通したこともないような美しい絹の衣装を身に付け、鈴を両手に舞い謳った。

 乙姫の鳴らす鈴の音にイルカ達が群れ集う。白波を立てて船を追いかける美しい海の獣の姿に、船上の人達は驚き感嘆の声を上げた。音は心の中でイルカ達に詫びる。ごめんね、今日は一緒に泳げないのよ。キューキューと自分を呼ぶ声に、音は小さく船板を叩いて応えた。

 

 音の出番が終わった後のこと。尼御台・政子が思案気な顔で側近へと声をかけた。

「先程の鈴を持って舞った娘が、和田の乙姫と言われる海の巫女ですか?」

「はい。乙姫が乗る船は沈まぬと、三浦の海を治める者達は崇めて大切にしているとか」

「和田の姫なのね。母親は誰なの?」

「いえ、和田の生まれではないようですが」

「では、親はどこの家の者なのですか?」

「申し訳ありません。そこまでは……」

 頭を低く下げる側近の横から、北条時房が「おやおや」と口をはさむ。

「姉上、随分としつこいですね。あの娘に何か問題でも?」

 時房は政子の末の弟だった。泣く子も黙る尼御台にこのような軽口を叩けるのは今では彼くらいのものだ。

「いいえ。どこかで会ったことがあるような気がしたの。後で呼んで貰えないかしら。話がしたいわ」

 政子は何か思い出そうとするように目を閉じる。時房は皮肉げに片頬を上げた。

「まさか頼朝公の御落胤とでも言うんじゃないでしょうね。そうだったら大問題だ」

 人の悪い笑みを浮かべる弟を手で制して、政子は小さく首を横に振った。年の離れたこの弟は、政子が母代わりに育てた。甘やかし過ぎたかもしれない。

「五郎、ふざけないで頂戴」

 時房は手のひらを開いて服従を見せ、船の後方へ下がった乙姫へと視線を飛ばした。

「ええ。私が調べますよ。言われてみれば確かに気になる。あの面影、大姫の幼い頃そっくりだ」

 政子は黙って目を伏せた。

 

次ページ

目次へ戻る

関連記事

  1. 北条政子の夢買物語 36

  2. 腑抜けの三郎―北条重時―21

  3. 北条政子の夢買物語 16

  4. 北条政子の夢買物語 21

  5. 北条政子の夢買物語 3

  6. 名こそ惜しけれ(頼朝と政子)1

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―39
ページ上部へ戻る