menu
閉じる
  1. いもうと(頼朝と政子)
  2. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  3. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  6. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  7. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  8. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  9. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  10. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  6. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―38
  8. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―37
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―36
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

腑抜けの三郎―北条重時―28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

 
 
「三郎、大丈夫か?」

 過ぎ去った嵐の後、しばらく硬直していた三郎に優しい声をかけてくれたのは泰時だった。

「彼はからかっているだけだ。気にするな」

 泰時兄はいつも冷静で穏やかだ。三郎は涙を零しそうになったが、義秀が去った方角を眺めてなんとかごまかした。同じように義秀の馬を目で追っていた時房がつと三郎に向き直る。

「三郎は義秀の養女を知ってるのか?」

「あ、はい。京で一回会ったんです」

「ふーん、そりゃ好都合。これぞ縁ってか」

 思惑有りげな時房に首を傾げる三郎。時房は首を横に振ると、さらっと話題をかえた。

「ところで朝時はどうしてる。大人しくしてるか?」

「はい。ずっと写経しています」

 時房は、あーあ、と気の毒そうに笑った。

「あの、御所様のお怒りはまだ……?」

「まぁな。今回は御台様がことにお嘆きらしくてなぁ」

 その時、泰時が三郎の肩に手を置いた。

「三郎、お前の元服は延びそうだ。すまないな」

 自分のせいでもないのに頭を下げる泰時に、三郎は慌てて手を振る。

「兄上が謝られることなんて何も。元服なんてどうでもいいんです。僕は本当は僧になりたくて。許して貰えないけど……」

 ぼそぼそ呟く三郎に、泰時は優しく微笑んでくれた。

「ああ、僧か。それもいいよな」

 それから三郎の頭にそっと手を置く。

「でも、私はお前が側にいてくれたら、とても心強いと思っているよ」

 泰時の優しい言葉と頭の上に置かれた掌の温もりは、鎌倉に居場所を無くしていた三郎の胸に温かく沁みる。

「江島に行こうとしていたのか?」

「いえ、久しぶりの鎌倉だったので懐かしくて散歩していただけです」

 泰時は江島の方に目をやり、また三郎に向き直った。

「実は、仏師の運慶殿が弁天像を江島に奉納するのに立ち会うところなんだが、三郎も同行しないか?」

 三郎はぱっと顔を輝かせる。

「はい。是非お供させてください!」

 

次ページ

目次へ戻る

関連記事

  1. 『 とかじり小四郎 ―北条義時― 』前文

  2. 腑抜けの三郎―北条重時―27

  3. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:…

  4. とかじり小四郎 ―北条義時―5

  5. 北条政子の夢買物語 24

  6. 北条政子の夢買物語 23

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
ページ上部へ戻る