menu
閉じる
  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  3. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  6. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  7. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  8. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  9. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  10. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
閉じる
閉じる
  1. <鎌倉少年隊>を新しく妄想中・梵天(平盛綱)
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―44
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  8. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  9. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―38
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

腑抜けの三郎―北条重時―37

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

 
 
 八幡宮の鳥居に彼女が姿を現したのは約束の刻を大分過ぎてからのこと。

 茜色の小袖に若葉色の湯巻、髪は緩やかに後ろで纏めていた。余程急いだか肩で大きく息をしている。夢でも見ているような心地でぼんやり彼女を眺めていたら、いきなり手を引っ張られた。

「走って!」

 言うなり、言は暗闇に向かって駆け出す。

「えっ? どこに行くの?」

 重時は引っ張られながら叫んだ。彼女は何も答えず重時の手を強く握って走る。その髪の毛が風に流されてさらさらと重時の腕に当たった。ふと着物をからげて走る白い足元に目がいく。知らん顔しようとしたが目に焼き付いてしまう。魚の鱗のような痣が見えていた。重時はそっと目を逸らした。

 八幡宮の脇道には白いこぶしの花が咲き揃っていた。白い花はぽつぽつと明かりを灯すように冷たい夜の空気を暖める。二人は走るうちに法華堂の裏山に辿り着いていた。

「ここまで来たら大丈夫よね。秀太ったらずっと見張ってるんだもの」

「え、見張ってるって、どうして?」

「うん……まぁ、ちょっと色々あってね」

 言は下を向き足元の砂を削り始めた。そう言えば京でも男達と口論していた。何か事情があるのかもしれない。俯く少女の横顔は切なげで、重時は思わず自分の胸を叩いていた。

「僕に出来ることがあったら言って!」

 驚いた顔で重時を見上げる少女。

「君の為なら、僕は何でもするよ!」

 勢いに乗って口が滑った。それから慌てて「死んだりとか、戦に行ったりとかは嫌だけど」と小さな声で続ける。

 何でも、だなんて大きなことを口にしたのは初めてだった。でも彼女が元気になってくれるなら本当に何でもしてあげたいと思った。言は戸惑ったような顔をしていたが、少しして「あなた、いい人ね」と笑った。ふんわり優しい目。

「三郎は元服したんだね。格好いいよ。折烏帽子がよく似合ってる」

 真っすぐに言われ、気恥ずかしくなって下を向く。言に格好いいと言われるなら元服して良かったかも、と単純に思ったりする。

「お念仏、唱えてる?」

 重時が強く頷くと、言も嬉しそうに頷き返し、胸元から懐かしい守り袋を取り出した。

「あの玉、持って来たよ」

 小さな透明の玉を指で摘み、暗い天にかざす。それを見て重時も懐の中を探った。

「綺麗な玉ね。どなたかにいただいたの?」

「よく覚えてないんだけど、江島で溺れた時に掌に握りしめてたんだって」

「……江島? 腑抜けは江島にいたの?」

「だから、その腑抜けってやめてよ」

「ごめん。でも重時だと別人みたいだもの」

 微笑を浮かべる言に、重時は肩を竦めた。

「別に腑抜けでもいいけどさ……」

 重時はぺこりと頭を下げる。

「あの時はごめん。玉持ってて平気だった? 何も無かった?」

「ええ。確かにあの時は驚いたけど何もなかったわ。私たち夢でも見てたんじゃない?」

 重時はそっと辺りを見回し、言との距離を詰めた。誰もいないのに声を潜める。

「実はこの玉、不思議な力を持ってるんだ」

 

次ページ

目次へ戻る

関連記事

  1. とかじり小四郎 ―北条義時―24

  2. 北条政子の夢買物語 36

  3. 腑抜けの三郎―北条重時―33

  4. 腑抜けの三郎―北条重時―19

  5. 腑抜けの三郎―北条重時―18

  6. とかじり小四郎 ―北条義時―15

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. <鎌倉少年隊>を新しく妄想中・梵天(平盛綱)
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―44
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―41
ページ上部へ戻る