menu
閉じる
  1. いもうと(頼朝と政子)
  2. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  3. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  4. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  6. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  7. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  8. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  9. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  10. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  6. 更新が滞るかもしれません
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―53
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―52
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

腑抜けの三郎―北条重時―41

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

 
 
「祖父上、父上! どうかお留まり下さい。叔父上方もどうか冷静に。御所様に弓引くなど、とんでもないことです」

 和田義盛と、その嫡男・常盛に必死で懇願するのは、常盛の嫡子・朝盛だった。だが義盛は鼻で嗤って取り合わない。

「これは御所様への謀反にあらず。大罪人・北条義時を成敗するのだ」

 常盛も既に勝利を手にしたような顔で息子に告げる。

「そうだ、朝盛。お前は御所様の信頼も厚い。戦に勝ち、我らが将軍様をお守りする際には、そなたが一番の家の子となり活躍するのだぞ」

「三浦義村が囲み、横山党や曾我、中村らが揃えば北条など恐れるに足りぬわ」

 その時、静かな声が場を乱した。

「その義村は、果たして我らに兵を出しますかね?」

 三男・朝夷奈義秀の発言に、義盛はその太い足をドンと床に落とす。

「義秀、お前は義村が我らを裏切ると言いたいか」

 義秀は「さぁてね」と肩を竦めて見せ、それからぐるりと周りを見回す。

「義時と義村は母が姉妹の従兄弟。義時の烏帽子親は義村の父。義村の娘は泰時に嫁いで嫡子を生んでいるし、頼朝公は三浦をよく訪問していたから尼御台も義村と仲が良い」

「フン、尻尾を振るのがうまい犬めが!」

「それに対し和田と三浦は同族で血は近いが、宗家と庶流で割り切れない部分もある」

 すると義盛の五男・義重も口を出した。

「義村は、和田が領土を取り過ぎだと、安房は三浦宗家の物だと言っていると聞きました」

 途端、和田義盛は顔を真っ赤にし、扇を床に打ち付けて砕いた。

「何を言う! 我が父・義宗こそ三浦の嫡子ぞ! 土地も役職も、我らが三浦の主だ!」

 その剣幕に一族はしんと静まり返る。

「大体、あの臆病者めが、我らに刃向かえるはずもなかろうが」

「では起請文を書かせれば良いのでは?」

 起請文は、誓いと共に神仏の名を記すことで、約束を違えないと誓う文書である。

「三浦は和田を裏切らないと、神仏に誓いを立てさせればいいのですよ」

 常盛の爽やかな声に、居合わせた者らは一様に賛同してその場は分かれたが、それが却って三浦の離反を招こうとは誰も思いもしなかった。

 

次ページ

目次へ戻る

関連記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―58

  2. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)

  3. とかじり小四郎 ―北条義時―19

  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」5(My wife’s mirror:…

  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」4(My wife’s mirror:…

  6. 北条政子の夢買物語 29

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
ページ上部へ戻る