menu
閉じる
  1. こんにちは。細々と活動してます。
  2. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  3. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  4. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  5. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  6. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  7. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  8. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  9. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  10. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
閉じる
閉じる
  1. こんにちは。細々と活動してます。
  2. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  3. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  4. 脳腫瘍手術後・療養日記2
  5. 脳腫瘍手術後・療養日記1
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―67
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―66
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―65
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―64
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―63
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

腑抜けの三郎―北条重時―48

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

 
 
 その頃、和田館は騒然としていた。

「挙兵が北条に漏れたやもしれません!」

 危急を知らせる男の声に場は一気に殺気立つ。御所の偵察に立っていた男は膝をつき義盛の顔を見上げると、拳を震わせ言上した。

「先程から御所の様子がおかしいのです。まず義時と広元が御所に急いで入りました。それから後、続々と兵が集められています」

「三浦はどうした?」

「三浦の動きは未だわかりません」

「漏れたのなら仕方ない! 北条どもの兵が揃わぬ内に先手を打つぞ!」

 和田は予定の期日より一日早く蜂起した。門外に出て閧の声を上げる。男達の声は由比の浜を揺らした。

 そこから北東へとまっすぐ御所を目指す。既に開戦の噂は鎌倉中を走り抜け、町民達は荷を抱えて逃げ惑っていた。その鎌倉の道を埋める百五十の軍兵。彼らは三手に分かれた。

 一の軍、御所の南門。二の軍、義時の館の西北の両門。三の軍、広元の館の正門。

 義時の館と広元の館は留守居の武士が僅かしかいなかった。板を並べ、必死に矢を打ち交戦するが館はすぐに落ちる。次に大軍は御所の西南の政所前にて御所を守る御家人とぶつかる。その先陣は波多野。

 その後ろに三浦がいた。

「三浦だ! 三浦が来たぞ!」

 援軍が来たと喜びの声をあげる和田に対し、三浦は閧の声を返した。

「謀反人、和田義盛を討ち取れ! 首をとって恩賞に預かるのだ!」

 和田の兵達は驚愕した。三浦は親戚だ。血も近く、婚姻の契りも繰り返されてきた間柄。その場はひどい修羅場となった。

「三浦が和田と合戦を始めました!」

 御所に報が入る。ほっと安堵の息を漏らす実朝に義時は続けた。

「ですが和田は鎌倉一の剛の一族。数も揃っています。容易には落とせないでしょう」

「御家人達が鎌倉に揃うのは夜半になるか」

 腕を組み地図を睨みつける広元に、義時は頷いた。

「ええ。ただ、その軍が我々に付くか和田に付くは不明ですが」

 実朝が息を呑む。広元は実朝に向き直った。

「この数ヶ月、御家人達は密かに様子を窺っていました。いつ合戦があってもおかしくないと準備していた筈。だから彼らは先を争って鎌倉に入り、戦況を見てどちらに味方するかを判断します。和田が優勢ならば和田に、北条が優勢ならばこちらに」

 実朝は悲鳴を上げる。

「義時、広元、どうにかならぬのか!」

 広元が義時をちらと見、それから実朝に向かって恭しげに口を開いた。

「御所様、お願いがございます」

 その時、大音声が響き渡った。鏑矢が一斉に放たれる音が四方八方から迫る。三人は黙って御所の南の方角を見据えた。御所が取り囲まれたことを彼らは知る。

 

次ページ

目次へ戻る

関連記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―55

  2. 名こそ惜しけれ(頼朝と政子)3

  3. 腑抜けの三郎―北条重時―14

  4. 腑抜けの三郎―北条重時―05

  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」2(My wife’s mirror:…

  6. 腑抜けの三郎―北条重時―25

おすすめ記事

  1. こんにちは。細々と活動してます。
  2. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  3. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  4. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. こんにちは。細々と活動してます。
  2. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  3. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  4. 脳腫瘍手術後・療養日記2
  5. 脳腫瘍手術後・療養日記1
ページ上部へ戻る