menu
閉じる
  1. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  2. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  3. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. いもうと(頼朝と政子)
  6. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  7. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  8. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  9. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  10. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  6. 更新が滞るかもしれません
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―53
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―52
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

腑抜けの三郎―北条重時―54

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

 
 
 重時は泰時の陣にて、膝をつき懇願していた。

「兄上、もう勝敗は決しました。どうか和田への寛大な処分をお願いします」

 泰時はそっと目を閉じて溜息をついた後に小さく口を開いた。

「重時、お前は京にいる筈。何故ここにいる?」

「戻ったんです。兄上、それよりも……」

 だが、その言葉は奪われる。

「お前の役目は、北条の血を絶やさぬことだった」

 過去にない冷たい兄の声に重時は顔を上げた。泰時は厳しい眼差しで重時を見下ろしていた。

「父は万一の為にお前を京へ送り、血を繋ごうとした。なのに何故その命を破って鎌倉にいる」

 重時はこくりと喉を鳴らした。冷酷なる目。施政者の顔だ。

「自らの役目をきちんと果たせ」

 泰時は傍に控える家人を振り返った。

「重時を縄で拘束し見張れ。外に出さぬよう」

 重時は声をあげようとして、でも口をつぐんだ。自分でも分かっているのだ。どうしようもないと。和田を救う道はもう断たれていた。

 泰時は自らの兜の紐をきつく締め直しながら続けた。

「戦は始める前にほぼ決着がついている。それは準備の周到さによるもの。だがそれとは別に、稀に天命によるものもある。この場合は対処のしようもない。だが天命もその前に導く声があるのだ。正しい者には天が声をかけてくれる。だが少しでも迷いがある者は天の声を聴けない。それが分かれ目だ」

 兄の声には迷いがなかった。

「そして一度始めた戦は迅速に明確な勝敗をつける。それが相手への礼儀であり、その後の施政を正しく導く道理だ」

 

次ページ

目次へ戻る

関連記事

  1. 名こそ惜しけれ(頼朝と政子)2

  2. 腑抜けの三郎―北条重時―02

  3. 北条政子の夢買物語 27

  4. とかじり小四郎 ―北条義時―18

  5. 北条政子の夢買物語 4

  6. 腑抜けの三郎―北条重時―53

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
ページ上部へ戻る