menu
閉じる
  1. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  2. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  3. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  6. いもうと(頼朝と政子)
  7. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  8. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  9. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  10. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
閉じる
閉じる
  1. <鎌倉少年隊>を新しく妄想中・梵天(平盛綱)
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―44
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  8. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  9. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―38
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

「安全ではありませんサギ?」常時SSL化は早めが良いようです(検索その他影響)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

えー、Googleさんが夏にやってくれちゃったSSL傾国(いや警告)について。
検索順位やらその他ページ価値やら、やっぱり影響があるようですね。

大手ブログを借りてらっしゃる方には、基本的には関係のない話だと思っていたのですが

夏の時点では「外部リンクは警告目こぼししたるよ」だった気がしたのに
秋になったら「外部リンクも警告出すよん」になったようなので
大手ブログの方ももしや無関係ではないかも?と手順やメモなど残します。

設定は完了したはずなのに
「安全ではありません」の警告が
なかなか解除されず
「コノヤロー」と殺気だった経験から

無事にサイトを常時SSL対応させるにあたっての
陥りがちな修正ポイント・コツなどをお伝えします。

大手ブログをレンタル中の方は
今後の外部リンクの貼り方と
過去記事でもhttp://から始まっている外部リンクがあれば
もしかしたら修正対応しておいた方が良いのかも〜?
ってくらいの感じで読んでくださいませ。

LULUSIA-ルルシア-

 

 

簡単に言うと「サイトの通信暗号化」でしょうか。

http://ではなく、https:// と
「s」 がついているWebサイト(https://・・・)は、通信が暗号化されているので、安全です。
悪意のある第三者が通信内容を読み取れないように、保護されているということですね。

*細かなところはよくわからないので突っ込まないでください。

で、それに対応しているか、していないかというのは
サイトのアドレスリンクの所に!(警告)マーク」が表示されるのですね。

「安全ではありません」
って言われたら、そりゃー、ビビるでしょ。

(あ、びびるという言葉は平安時代からあったという説を読んで自分も面白いからと、つい頼朝さんに喋らせてしまったのですが、実はそれは間違いだというサイトも見つけました。今後は使いません〜。伝言ゲームって怖いですね)

特にマイナーサイトだとね。

実は先日、あるページ(一般の企業のページだ)をiPhoneで検索して、ウェブページを開こうとしたら開かない。真っ白。

「荒れ?少し前に検索した時には無事に開けてたはずなんだけどなー」
と思いつつ
「Safariで開く」をしたら普通に表示される。

こりゃ、もしやSSL対応じゃないページへの強制措置?!

と慌てて、当サイトも対応させたのでした。

本当はGoogleさんからお知らせのあった通り、
2018年の6月までに対応しないといけなかったんですけどね、はい。

あんまり大事とは思っていなくて対応が遅れたんですが、
どうも強制措置が入ってるように感じられたので(冤罪ならごめんなさいね)
関係各位はぜひお早めに。

 

さて。まずはレンタルサーバとドメインの設定から。
WordPressでレンタルサーバで運営している人対象です。
(独自ドメイン、レンタルサーバでない方は飛ばしてね。)

<手順>

  1. データのバックアップをとる。
  2. レンタルサーバの管理画面でSSL設定を行う
  3. WordPressの一般設定からサイトのアドレスをhttpからhttpsに変更する
  4. 内部リンクを検索して一括置換
  5. .htaccessにコードを追記してリダイレクトさせる

↑ ↑ ↑
実は、ここまでは簡単。
この後のセキュリティーエラーの原因追及が宝探しの如く大変でした。

で、エラー原因をしらみつぶしに探して解決させたら、無事にSSL対応完了というわけ。

(こちらのサイトを参考にさせていただきました。)
WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

上の手順で大体の設定を終えてから
エラー(宝)探しのポイントのお話をさせていただきます。

  1. データのバックアップをとる。
  2. このサイトでは、「WordPress Database Backup」というプラグインを使用しています。
    あまり戻したりしたことはないので、使いやすいのか使いにくいのかはよくわかりませんが、保険のため。

  3. レンタルサーバの管理画面でSSL設定を行う
  4. エックスサーバーを使用しているので、そちらにログインして
    サーバーパネルの左下から
    「yoritomo-fan.com」のドメインに入って
    「SSL設定」をクリック。

    「独自SSL設定の追加」で、https://yoritomo-fan.comとhttps://を追加。

    少し時間が経ったら対応完了しています。

    *今、サーバーパネルに入ってみたら、自分では対応した覚えのないドメインもhttps://が追加されていました。
    勝手に対応してくれたのかな。ありがとー、エックスサーバーさん。

  5. WordPressの一般設定からサイトのアドレスをhttpからhttpsに変更する
  6. 次は、WordPressにログインして、
    設定>一般設定画面の
    サイトのアドレスを修正。

     http://yoritomo-fan.com
      ↓ ↓ ↓
     https://yoritomo-fan.com

    にするだけ。

  7. 内部リンクを検索して一括置換
  8. こちらもプラグインで対応。
    「Search Regex」を使用しました。

    Source は Post contentで
    Search pattern
    「http://yoritomo-fan.com」
    で、とりあえず検索して、まー普通は内部リンクだし見つからない筈なんですが、もしあれば

    Replace pattern
    「https://yoritomo-fan.com」
    で置換してしまいます。

    ついでに、ここで

    Search pattern
    「http://」
    Replace pattern
    「//」

    でReplace&Saveしちゃえば、投稿関連の外部リンク対応は一応完了です。

  9. .htaccessにコードを追記してリダイレクトさせる
  10. さて。今度はサーバにFTPでアクセスして
    .htaccessファイルにコードを追記します。

    .htaccessファイルは、通常「public_html」ディレクトリにあるので、
    そこを見に行って、該当ファイルをデスクトップなどに保存。
    念の為コピーを取った後に中身をテキストエディタで開きます。

    で、一番最初に以下のコードをコピペするだけ。

    終わったら、上書き保存してFTPでサーバにアップします。

    以上!

・・・とりあえず今日はここまで。

次は、

設定したのに「!警告マーク」が解除されないじゃん!なんでよー?バカバカー!!

と四苦八苦した経験から、
見落とされがちな修正必須ポイントをお伝えします。

続く・・・

 

関連記事

  1. 2年ぶりに更新(女頼朝)

  2. サイトが壊れてマッシロケ(アップデートは慎重にね、はーと)

  3. 8月締切「野性時代フロンティア文学賞」に応募

  4. 鬼タイピングで右手が・・・

  5. <鎌倉少年隊>を新しく妄想中・梵天(平盛綱)

  6. 大河ヒロイン「真田丸」きり考察 &「黙れ小童ぁ!」

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. <鎌倉少年隊>を新しく妄想中・梵天(平盛綱)
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―44
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―41
ページ上部へ戻る