menu
閉じる
  1. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  2. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  3. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  6. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  7. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  8. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  9. こんにちは。細々と活動してます。
  10. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
閉じる
閉じる
  1. カクヨムで連載中です
  2. 2021年もどうぞ宜しくお願いいたします
  3. 北条一族って
  4. こんにちは。細々と活動してます。
  5. とかじり小四郎・江間義時を一旦下げましたが、やっぱり戻しました。
  6. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  7. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  8. 脳腫瘍手術後・療養日記2
  9. 脳腫瘍手術後・療養日記1
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―67
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

ただいまー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご無沙汰すみまっせん。三途の川渡って戻ってきたっぽいです。とりあえず生きてます。くわしくはまたー

関連記事

  1. とかじり小四郎・江間義時を一旦下げましたが、やっぱり戻しました。…

  2. 北条一族って

  3. B’zコンサート音漏れとAugustRush、安室奈美恵ラストラ…

  4. アマカケル北条の姫、表紙できましたー

  5. 一週間ほど篭ります〜

  6. 「安全ではありませんサギ?」常時SSL化は早めが良いようです(検…

おすすめ記事

  1. カクヨムで連載中です
  2. こんにちは。細々と活動してます。
  3. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  4. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  5. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1

コメント

    • みき
    • 2019年 3月 03日

    やまの龍様
    おかえりなさい( ; ; )
    いろいろと大変だったようですね( ; ; )
    返信は大丈夫ですので、ゆっくりお身体を休めてください。

      • やまの龍
      • 2019年 3月 22日

      みきさん、いつもあたたかく勇気づけられるメッセージありがとうございます。
      ただいまーと言いながらほとんど戻れてなくて(^^:
      でもある程度動けるようになってきたので、まずは身の回りのことから、そのうち野心たっぷりに頑張ります〜。
      まだこんなですがまた遊びにきてくださいね(^^)

        • みき
        • 2019年 3月 27日

        やまの龍さま
        少し動けるようになったのですね( ; ; )
        病気は体力や精神面に大きな影響を与えると思われます。
        病後は色々と大変だと思いますが、ご自分のペースを大切にして、あまり無理なさらないでください(>_<)
        またこのブログに遊びにきます^_^

          • やまの龍
          • 2019年 3月 29日

          みきさん ありがとうございます〜(;_;) 書きたいことや直したいのはいっぱいなのですが、慌てずのんびりまったりやっていきますー♪ ありがとうございます(^o^)

          • やまの龍
          • 2021年 1月 12日

          みきさん、ご無沙汰をしておりました。お返事が大変に遅くなってごめんなさい。おかげさまで今朝も無事に目覚めることが出来ました。
          倒れた時、私の体と共にPCももう限界に達していたのでしょうか。その後、起動してくれなくなりました。何度も試してただ一度、奇跡的に起動してくれた時に、急いでUSBにテキストデータやイラストなどをコピーして拾い上げてみたものの、直近に書き上げて公募に出したテキストの最終データなど、個人的に大切なデータがデスクトップに一仮保存させたまま整理も出来ずに倒れたので、救い漏れたものもあり、凹んでおりました。PCはその後完全に起動しなくなり、今は家族のPCに間借りしております。ここにもスマホで無アクセスしていて、あまり作業出来ずにおりますが、こんな形でも一応復活出来たので、放置していたこちらも少しずつ整備をと戻ってきました。そうしましたら、メッセージいただいていたのにお返事出来ずにいたことにやっと気付けて、本当今更ですがお返事させていただきました。大変失礼をしました。お優しい言葉、本当にありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. カクヨムで連載中です
  2. 2021年もどうぞ宜しくお願いいたします
  3. 北条一族って
  4. こんにちは。細々と活動してます。
  5. とかじり小四郎・江間義時を一旦下げましたが、やっぱり戻しました。
ページ上部へ戻る