menu
閉じる
  1. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  2. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  3. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  4. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  5. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  6. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  7. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  8. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  9. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  10. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
閉じる
閉じる
  1. 復帰祈念と新年のご挨拶
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  7. 更新が滞るかもしれません
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―53
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

アマカケルまたしても遅れます…(自滅…)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月末締切の公募に応募しようかと鋭意努力しておりまして

「アマカケル」Kindle今月中にと思っておりましたが、少し延期いたします。
狙いはポッキーの日(11/11)
という訳であと一週間、ちと更新などストップいたします〜
今度は腱鞘炎にならないといいなー(ーー;

あ、適当な所をスクショ撮ったら、文章が途中なのに気づいた(笑)

関連記事

  1. 8月締切「野性時代フロンティア文学賞」に応募

  2. つれづれ・・・

  3. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)

  4. 復帰祈念と新年のご挨拶

  5. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)

  6. 「安全ではありません」常時SSL対応(http > https)…

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

    • みき
    • 2018年 11月 05日

    やまの龍さま
    電子書籍化するまでの作業を追った記事を読みましたが、、、
    20万字もの長編をアップするのって、ものすごく大変なことなんですね(´;ω;`)改めて思いました(汗)
    パソコンに弱い私は、もし自分がやれと言われたら挫折してしまいそうです(汗)
    そして、新たな小説を応募されたんですね(*´∀`*)アマカケルの作業と、新たな小説の執筆で手がだいぶ疲れてると思われますので、ご無理はなさらないようにしてくださいね(>_<)
    小説の賞のことはあまり詳しくないのですが、今回応募した小説が良い結果を得られるといいですね(*´∀`*)陰ながら応援しています♫

      • やまの龍
      • 2018年 11月 06日

      みきさん、こんにちは。ありがとうございます〜。
      以前にKindle化した際のルールとか色々忘れてたり、おまけに今回は結構な長さがあって難航しております〜。
      とりあえず今回は挿絵はなしでアップしようと思っております。(字数が多くてファイルサイズ大きくなりそうだし(^^;)
      手、ありがとうございます〜(;;)
      微妙な痺れがじわじわ来ておりますが、夏ほどではないので大丈夫です。
      今回は7月末のテキストの焼き直しと言いつつ、かなり大きく変えました。書いてて楽しかったです〜。
      「アマカケル」が大人向けで、「代」は青少年向けなイメージです。
      こちらも結果出てからAmazonにアップ予定です。自費出版のお誘いもいただいたのですが、まだまだなのでお断りしました。亀の歩みだけどもう少し頑張ろうかと〜

        • みき
        • 2018年 11月 11日

        Kindle化するにあたって、細かいルールがいくつかあるのですね( ; ; )それをクリアしていくのは大変な作業ですね(汗)
        それに手の痺れがじわじわきてるのですね( ; ; )これから寒さが増してくると、体が強張って手がこたえると思われますので、お大事になさってくださいね( ; ; )
        やまの龍さまは自費出版のお誘いも受けてらっしゃるのですね(o^^o)すごいです。
        やまの龍さまの、こつこつと努力を積み重ねていく姿を、私も見習わねばと思います(*´ω`*)

          • やまの龍
          • 2018年 11月 12日

          みきさん、こんばんは。いつもお優しいメッセージありがとうございます〜。
          本当に。寒くなると身体が固まるんですね。周りでも骨折やら何やら話をよく聞きます。かく言う私も右の手首が先週の合気道から帰ってから不調に…。包帯ぐるぐる巻いて何も出来ないとアピりながら、キーボードは平気でカツカツ打ち込んでいるという人非人です(ーー;私のは努力でなくて遊び道楽で・・・(^^; 申し訳ない・・・。
          自費出版、今はまだとてもとてもですが、もうちょっと頑張ってから考えたいです〜。お電話くださった方が良い感じの方で、小説の書き方みたいな記事も充実してすごく勉強になったので、いつか〜と思えた出版社さんでした。あ、それも今度記事にしようっと。

            • みき
            • 2018年 11月 14日

            やまの龍さまは合気道をやられてるのですね(o^^o)かっこいいです。
            私は最近は運動らしい運動はしていないので、体が鈍っています(´⊙ω⊙`)
            しかし、右の手首が不調とのこと、利き手が調子悪いと不便ですよね( ; ; )本当に無理なさらないようにしてくださいね( ; ; )
            やまの龍さまは素敵な出版社に出会えたのですね(o^^o)私は出版業界のことは全くわからないですが、こうしてブログでやまの龍さまの記事を読むと、本をこの世に出すのがいかに大変か、小説の執筆や賞に応募すること等、自分の知らない世界を垣間見れてとても面白いです(o^^o)

            • やまの龍
            • 2018年 11月 16日

            みきさん、ありがとうございます。合気道はネタの為に。不真面目な生徒です。
            右手、あまりに痛いなぁ治らないなぁと今日病院に行ったら、靭帯損傷してると言われました(><)
            3週間の安静と言われたんですが、どうしても絵が描きたいモードに入って包帯外して絵を描いてました(アホや〜)
            運動は定期的に継続してやらないとやっぱり駄目ですね…(^^;
            でもお子さんいらっしゃると結構な運動量を毎日こなしてらっしゃいますよね(^^)

    • みき
    • 2018年 11月 18日

    えっーー(;_;)靭帯負傷ですかΣ(゚д゚lll)
    しかも、3週間の安静とは結構重症ですね( ; ; )どうか本当にご無理なさらないように(>_<)利き手に痛みがあるのはツライですよね。早く良くなるといいですね( ; ; )
    子どもの世話をしていると、結構体を動かしていると思ってたんですが、昔より体重が増えたせいで(自己責任)、肩や腰が凝りまくってる上に、腹筋や腕立て伏せがまともにできないくらい体が鈍っています。もっと体全体を動かす運動を定期的にせねば、と強く思っています( ; ; )

      • やまの龍
      • 2018年 11月 19日

      みきさん、ありがとうございます。
      安静って言われても固められてないので、つい動かしてしまうんですよね(^^;のんびりいきます〜
      体全体を動かす運動ってなかなか難しいですよね。早足で歩くだけでもいいとかも聞きますが、なかなか・・・
      お子さんを持ち上げて下ろしてしていると、肩と腰に負担がきますよね(;;)
      でも可愛い♪ 3歳って鎌倉に来た頃の三寅のイメージです(実際は2歳か)

        • みき
        • 2018年 11月 20日

        早足で歩くだけでも、いい運動になるんですね(*゚▽゚*)

        3歳児、生意気なことを言うようになってきましたが、やはり可愛いです(*´-`)
        三寅ちゃんも鎌倉で可愛がられたのかな、と想像するとほんわかした気持ちになります(^∇^)

          • やまの龍
          • 2018年 11月 22日

          三寅ちゃん、そりゃあ可愛かったでしょうね(*^▽^*)
          んもー、猫っ可愛がりしちゃいますよ。いやいや、リアルは大変ですけど(^^;

          早足、元ネタは「一流の頭脳」の本でしたが、脳にもいい効果があるそうです。
          ストレスや不安にはマラソンがよく、創作活動にはウォーキングがいいとか。
          試しに近所の外周一周して帰ってきましたが、何気にネタがぽこぽこ浮かんでくれました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 復帰祈念と新年のご挨拶
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
ページ上部へ戻る