menu
閉じる
  1. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  2. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  3. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  4. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  5. いもうと(頼朝と政子)
  6. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  7. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  8. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  9. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  10. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  6. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―38
  8. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―37
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―36
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

アマカケルまたしても遅れます…(自滅…)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月末締切の公募に応募しようかと鋭意努力しておりまして

「アマカケル」Kindle今月中にと思っておりましたが、少し延期いたします。
狙いはポッキーの日(11/11)
という訳であと一週間、ちと更新などストップいたします〜
今度は腱鞘炎にならないといいなー(ーー;

あ、適当な所をスクショ撮ったら、文章が途中なのに気づいた(笑)

関連記事

  1. 長い夏休みがやっと終わった

  2. 大河ヒロイン「真田丸」きり考察 &「黙れ小童ぁ!」

  3. 竹御所、若紫源氏を染める(鞠子と三寅)

  4. 大阪、大風。カラス、ガラス。頼時、泰時。

  5. 久々に更新(女頼朝)

  6. アマカケル外伝vol.2 鞠子の話がやっと終わりました〜

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

    • みき
    • 2018年 11月 05日

    やまの龍さま
    電子書籍化するまでの作業を追った記事を読みましたが、、、
    20万字もの長編をアップするのって、ものすごく大変なことなんですね(´;ω;`)改めて思いました(汗)
    パソコンに弱い私は、もし自分がやれと言われたら挫折してしまいそうです(汗)
    そして、新たな小説を応募されたんですね(*´∀`*)アマカケルの作業と、新たな小説の執筆で手がだいぶ疲れてると思われますので、ご無理はなさらないようにしてくださいね(>_<)
    小説の賞のことはあまり詳しくないのですが、今回応募した小説が良い結果を得られるといいですね(*´∀`*)陰ながら応援しています♫

      • やまの龍
      • 2018年 11月 06日

      みきさん、こんにちは。ありがとうございます〜。
      以前にKindle化した際のルールとか色々忘れてたり、おまけに今回は結構な長さがあって難航しております〜。
      とりあえず今回は挿絵はなしでアップしようと思っております。(字数が多くてファイルサイズ大きくなりそうだし(^^;)
      手、ありがとうございます〜(;;)
      微妙な痺れがじわじわ来ておりますが、夏ほどではないので大丈夫です。
      今回は7月末のテキストの焼き直しと言いつつ、かなり大きく変えました。書いてて楽しかったです〜。
      「アマカケル」が大人向けで、「代」は青少年向けなイメージです。
      こちらも結果出てからAmazonにアップ予定です。自費出版のお誘いもいただいたのですが、まだまだなのでお断りしました。亀の歩みだけどもう少し頑張ろうかと〜

        • みき
        • 2018年 11月 11日

        Kindle化するにあたって、細かいルールがいくつかあるのですね( ; ; )それをクリアしていくのは大変な作業ですね(汗)
        それに手の痺れがじわじわきてるのですね( ; ; )これから寒さが増してくると、体が強張って手がこたえると思われますので、お大事になさってくださいね( ; ; )
        やまの龍さまは自費出版のお誘いも受けてらっしゃるのですね(o^^o)すごいです。
        やまの龍さまの、こつこつと努力を積み重ねていく姿を、私も見習わねばと思います(*´ω`*)

          • やまの龍
          • 2018年 11月 12日

          みきさん、こんばんは。いつもお優しいメッセージありがとうございます〜。
          本当に。寒くなると身体が固まるんですね。周りでも骨折やら何やら話をよく聞きます。かく言う私も右の手首が先週の合気道から帰ってから不調に…。包帯ぐるぐる巻いて何も出来ないとアピりながら、キーボードは平気でカツカツ打ち込んでいるという人非人です(ーー;私のは努力でなくて遊び道楽で・・・(^^; 申し訳ない・・・。
          自費出版、今はまだとてもとてもですが、もうちょっと頑張ってから考えたいです〜。お電話くださった方が良い感じの方で、小説の書き方みたいな記事も充実してすごく勉強になったので、いつか〜と思えた出版社さんでした。あ、それも今度記事にしようっと。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
ページ上部へ戻る