menu
閉じる
  1. いもうと(頼朝と政子)
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  4. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  6. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  7. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  8. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  9. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  10. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  6. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―38
  8. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―37
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―36
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

アマカケル外伝vol.2 鞠子の話がやっと終わりました〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LULUSIA-ルルシア-

 

 

アマカケル外伝の小金太と鞠姫の話、やっと終わりました〜
意外に長くなりました。カウントしてみたらば、2万文字超、原稿用紙67枚。
でも、もう一つの外伝「琥珀の龍紋」は128枚、アマカケルが500枚超だから、比べれば短いですが、もっとサラッと5枚くらいで書くつもりだったのに・・・(無理)

画像は、テキスト序章の所のスクショです。
文書ファイル名は「こきまり」(小金太&鞠の略)。

私は大抵、ひらがなで仮タイトルをつけて書き進めてます。
「あわ」「とかじり」「ふぬけ」「そらっこと」「いざや」「俺さま(これは漢字)」
昔むか〜しから、横書きでテキスト打ってますが、そのせいでしょうか。どうもふわふわしてしまう。
本当は縦書きでないとなんでしょうが・・・。

「こきまり」は、竹をテーマにしました。竹御所だし。
書くにあたって周辺を調べていたら、意外な史実やら妄想やら発見して、面白かったです。

そうしてるうちに、鞠の性格がなんだか変わりました。
4コマの鞠とも違います。あしからず・・・

書いてる途中で、鞠姫と三寅(いや、頼経くんの方)を書きたくなって困りました。
4コマではなく、テキスト。中編。女性向け内容。源氏物語風。
一体どんなだって感じですが、また機会があれば書きます。

でもでも、とりあえずアマカケルは終わり!
表紙を何とかして、e-pub化する予定です〜。

さて、これからどうしよう。
重時か重隆か……悩んでます。

ちなみに、重の字の付く人多すぎない?混乱します。
そういえば、小金太、小太郎、小四郎、こちらも混乱してよく打ち間違える。

などと悩みながら、女頼朝考えてます。
そろそろ義仲を書きたいけど、もう少しかな。

 

関連記事

  1. 「安全ではありませんサギ?」常時SSL化は早めが良いようです(検…

  2. アネゴ姫=大姫ってこと

  3. 8月締切「野性時代フロンティア文学賞」に応募

  4. 『琥珀の龍紋』10/10に削除します。

  5. 鬼タイピングで右手が・・・

  6. 2年ぶりに更新(女頼朝)

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

    • みき
    • 2018年 7月 24日

    やまの龍さま
    こんにちは(*^_^*)
    鞠子と小金太さんのお話しが完成したのですね♫
    鞠子さんといえば頼家の娘として生まれ、世の流れに翻弄されながれ生きていったイメージ(あとは三寅との年の差婚)がありますが、アマカケル外伝の中で小金太とどんなロマンス(?)を繰り広げるのか、読むのを楽しみにしております。

      • やまの龍
      • 2018年 8月 04日

      みきさん
      こんにちは!お返事随分遅くなってしまってごめんなさい。
      はい、鞠子と小金太の話、完成しました。これでやっとアマカケルを完成させて……のはずが
      すみません、金剛と梵天の話を書いてしまって遅れました。おまけに右手がひどい痺れに……。
      鞠子さん、本当ですね。赤ちゃんの頃に実家と両親はなくなり、養女になるも養父も死に、
      でも三寅くんとは仲睦まじく……だったのに……(泣)今度はそちらも書いてみたいです〜。

        • みき
        • 2018年 8月 05日

        やまの龍さま
        腱鞘炎になってしまわれたのですね(T_T)お返事は無理なさらず…とメッセージを書こうとしたところ、お返事をいただいたことに気づきました。右手が大変な時に丁寧にお返事をくださり、ありがとうございます。
        痺れが早く取れるといいですね。あまり無理なさらないようにしてください(>_<)

          • やまの龍
          • 2018年 8月 08日

          みきさま、ありがとうございます(;;)
          鍼治療に行ったのですが、溜まった身体の歪みや疲れが関節を痛めたことをきっかけに一緒に出たらしく、手首の腱鞘炎だけでなく首も目も歯も繋がってるからと、復旧には長くかかると言われました。
          なるべく使わないように……と言われたけど、右手ってつい使ってしまうんですよね(^^;
          ペースは落としつつ、アマカケルを上げられるよう準備を進めます〜。ありがとうございます。

            • みき
            • 2018年 8月 09日

            右手だけでなく、関節を痛めたことによって、他の場所にも影響が出たのですね(;_;)
            それに、右手をなるべく使わないようにとお医者さんに言われても、日常生活を送る上でそれは難しいですよね(>__<)

    • みき
    • 2018年 8月 09日

    連続でメッセージを送ってしまい申し訳ございません。また、先ほどのメッセージが途中で切れてしまったので、その続きを(汗)

    アマカケルは気長に待ってますので、どうかご自身のお身体を最優先して、労ってください。
    早く良くなるといいですね(>_<)

      • やまの龍
      • 2018年 8月 21日

      みきさん、こんばんは!
      お盆過ぎて、少し涼しく過ごしやすくなりましたね〜
      長く不在しておりましてお返事遅くなってごめんなさい。
      ご親切にお優しい言葉を本当にありがとうございます。
      おかげさまでだいぶ休んで腕も復調して参りましたので、また細々と更新&アマカケル準備開始いたします。
      またお気軽にちらちらっと覗きにきてやってくださいませ m(_ _)m

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
ページ上部へ戻る