menu
閉じる
  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  3. いもうと(頼朝と政子)
  4. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  6. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  7. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  8. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  9. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  10. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  6. 更新が滞るかもしれません
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―53
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―52
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

サイトが壊れてマッシロケ(アップデートは慎重にね、はーと)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト、真っ白。
頭、マッシロ。

ネットの顔も知らない皆様、ありがとう〜

 

このサイトは WordPress で作っておりまして

でも、今までほとんど問題起きたこともなく
だから、バックアップはこまめにとってなくて
プラグインもテキトーで

・・・と油断しておりましたら
サイトがマッシロケになりました。

なーんとなく届いたメッセージ
「プラグインを更新して最新バージョンにしてね」ってのに
「はいはい、どーぞ、しちゃってくださいな」
とポチポチとリンククリックしちゃったんです。

せめてね
一つずつちゃーんと更新完了するのを待って
でもって「生きてるかな?」って確認して

それから次のプラグインを
更新してあげればよかったのですよ。

ええ、わかってますとも。

それでも一応は無意識のうちに
サイトバックアップはとってたんです。
(習慣のチカラって素晴らしい)

・・・なんだけど、
今回のは完全に「プラグイン暴走」なので、
データは壊れてないんだろう、と。

「最悪はWPを新しくインストールし直して
データ入れ直してリニューアルかな」
の覚悟で復旧作業に入りました。

「WP 真っ白 復旧」で検索してみましたところ
あらら、お友達がいっぱい。
親切に丁寧〜に復旧方法を解説してくれています。

まあ、バックアップはとってたしね。
その戻し方を調べればいいかー

多分、プラグインちゃんが暴れたんでしょ。
データに問題はないよねー。

ということで、色々なやり方はあるようだけど、
一番簡単な方法はなにかな、と探しまして

「デバッグモードにしてエラーを突き止める」

wp-config というファイルを
ちょっと書き換える方法を試してみました。

そうしたら、エラーは出つつも一応ページが生きてる!
で、管理画面にも入れました。

まあ、とりあえずどうせ壊れてるんだから
WPを最新バージョンにするかー
とWP自体をアップデートし

全部プラグインを外しちゃえー!って
またググってみたら、ありました。

「フォルダ名をpluginsから、_pluginsに変えましょう」

えっ、それだけかい?!
ああ、確かにそりゃそうだわね。

で、言われた通りに素直にやってみます。
プラグイン入れなくても、まー一応動いてはいます。

でも、やっぱりないとそれはそれで色々不便なんだよね。

で、新しくプラグイン用のフォルダを作成。
(あ、この辺はFTPソフトのFileZillaくんに活躍してもらいました)

一つずつプラグインをコピーして戻していきます。
(新しくZipファイルもらってくるんじゃなくて
展開された前のフォルダをそのままコピーするという大胆不敵な方法で)

それから
「有効化」ボタンをポチッとな。

はいはい、GoogleさんはOK。
AkismetさんもOK。

結局、なんかおかしくなっていたのは
関連リンクを作ってくれるrelated-postさんでした。

それを戻そうとした瞬間に、エラーメッセージが出たので助かりました。

で、ページを見たところ、特に問題なし。
これは大分前の手法?で入れてたプラグインなんですが

今はデフォルトで関連リンク出してくれるみたいなので
なくても特に問題なし!(多分)

ということで、これを削除したらエラーもなくなり
問題なくなりました(おそらく)

ありがとう、WP。
ありがとう、ネット上の皆さま。

というわけで(?)
皆さま、プログラムでもなんでも
アップデートしたい時は

ちゃんとバックアップを取った上で
システムさんがアップデートに集中できるよう
余計なプログラムは一緒に動かさず
お邪魔しないようにしましょうね。

システムのアップデートって
カニの脱皮のようなものなのかも、って思いましたよ。

 

関連記事

  1. つれづれ・・・

  2. 「安全ではありませんサギ?」常時SSL化は早めが良いようです(検…

  3. B’zコンサート音漏れとAugustRush、安室奈美恵ラストラ…

  4. 『琥珀の龍紋』10/10に削除します。

  5. ちびまる子ノスタルジーと愛を込めた映画こけし(こきおろしの略?)…

  6. 長い夏休みがやっと終わった

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
ページ上部へ戻る