menu
閉じる
  1. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  4. いもうと(頼朝と政子)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  6. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  7. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  8. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  9. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  10. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―67
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―66
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―65
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―64
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―63
  6. 女頼朝、更新しましたー
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―62
  8. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―61
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―60
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

更新が滞るかもしれません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

突然ですが、入院しておりまして
また今後入院する予定がございまして
更新がたまに滞るかもしれません。

でも頑張って復活しますので
できましたらば応援よろしくお願いいたします。

頼朝さんの時代は命はもっと儚いものだったのかなぁとか
そんな中80近くまで生きた時政さんとかすげーなぁとか
予定通りに3月の望月の頃に亡くなった西行さんとか壮絶だなぁとか
色々考えてしまいました。

非日常があると感じる日常の幸せ。
ありがたいなぁ・・・

関連記事

  1. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>

  2. つれづれ・・・

  3. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)

  4. 「安全ではありませんサギ?」常時SSL化は早めが良いようです(検…

  5. <鎌倉少年隊>を新しく妄想中・梵天(平盛綱)

  6. 大河ヒロイン「真田丸」きり考察 &「黙れ小童ぁ!」

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

    • みき
    • 2018年 12月 05日

    やまの龍さま
    入院されてたんですね( ; ; )驚きました( ; ; )
    そして、今後も入院する予定があるんですね。
    入院中は体を充分に休めて、早く体調が回復するようお祈りしております。
    ご家族のことやお仕事のことなど、入院中は気にされると思いますが、まずは自分のお身体を一番に考えて、治療を頑張ってくださいね(>_<)

      • やまの龍
      • 2018年 12月 05日

      みきさん、ありがとうございます。青天の霹靂でした〜(^^;
      健康って本当に大事ですね。色々なことを考えるきっかけをいただきました。
      更新が不定期になるかと思いますが、気分転換に頻出予定なのでお気軽にお付き合いくださいませ♪

        • みき
        • 2018年 12月 05日

        やまの龍さま
        私も前に体調を崩して入院したことがあり、その時に改めて健康でいることのありがたさを思い知りました( ; ; )
        健康って本当に大事ですよね( ; ; )
        ご自分のペースで、お身体を治していってくださいね(>_<)
        どうぞ、お大事になさってください。

          • やまの龍
          • 2018年 12月 11日

          本当に本当・・・ですね。
          いろいろなことを考えるきっかけをいただきますね。
          ありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―67
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―66
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―65
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―64
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―63
ページ上部へ戻る