menu
閉じる
  1. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  2. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  3. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  4. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  5. いもうと(頼朝と政子)
  6. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  7. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  8. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  9. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  10. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  6. 更新が滞るかもしれません
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―53
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―52
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

頼朝&北条氏に想いを馳せて江ノ島♪4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

行って来ました。江ノ島その4。

辺津宮を通り過ぎ、坂をどんどん上がっていくと、
途中に海がよく見える絶景スポットがありました。

江ノ島から鎌倉

海の向こうに腰越の町がよく見えます。
鎌倉はもっと右(東)で、稲村ヶ崎を回った先だから
私には連なる山しか分からないけれど

頼朝さんも、この坂から海岸線を見たんだろうなぁ
とか妄想すると、とっても萌えます(笑)。

さて。道の途中に江ノ島の簡単な地図があったのでご紹介。
この絶景スポットは、辺津宮から中津宮に向かう途中のカーブになってる辺りですかね。

eshima10

この上り坂、エスカーを使う手もあるようですが、私が通ったのは始業前。
それに鎌倉時代を妄想しながら歩く私には、徒歩が一番。

テケテケ歩きます。

途中、「御岩屋道」とかある石の案内も発見。
妄想を逞しく広げながら中津宮へ。

江ノ島中津宮

ちょうど無人で写真が撮れました。

が、中津宮は特に頼朝さん絡みの何かはないので、
サラッとお参りして、写真だけ撮って失礼します(オイ)。

あ、ちなみに中津宮の御祭神は
「市寸島比賣命(市杵嶋姫命・いちきしまひめのみこと)」

「愛と美の女神」ってことで、
そういう恋と美のスポット化されているようです。

江ノ島中津宮恋の神さま

で、またテケテケ先を進もうとした私の目の前に、
「水琴窟」なる案内が。

江ノ島中津宮「水琴窟」

素敵なお名前。

「頼朝さんに由来でもあるかしらん?」と中へ。

すると、カッコイイ龍がお出迎えしてくださいました。

江ノ島中津宮水琴窟の龍

辺りには、
「カン」というか「キン」というか
「チン」というか「ペン」というか
なんだか不思議な音が響いています。

江ノ島中津宮水琴窟のご神効

「水琴の音のご神効」ですと!

水琴の高周波が心身を浄化して、運気向上、幸運を招いてくれるそうです。

「癒し効果」に「覚醒効果」に「浄化効果」に「運気上昇」。
何でもアリって感じでとっても素敵ですが、

「毎日聴くと……」って無理やん!
江島神社の神主さんにならないと無理な話です。

ま、とりあえず、その水琴窟の音の鳴らし方も一応ご紹介。

江ノ島中津宮水琴窟の鳴らし方

では、やってみましょう。

  1. まず、前石に静かに乗ります。
  2. それから、水を柄杓に……
    と思ったら、水がない。
    が、これは龍の口から定期的に出て来ました。
  3. 柄杓にすくった水を、龍のお皿の手前にある地面の穴?にチロチロと垂らします。

「キン」「ティン」「ピン」???

うーん、何と表現していいのかわかりませんが、とにかく綺麗な音がします。
ほほぅ、この音を毎日継続して聴けば、浄化されて運気が上昇するのね。

・・・

江ノ島の近隣に住む方は是非お試しくださいませ。

 

それはさておき、この辺りには頼朝さん由来のものは特になさそうなので、
また奥津宮を目指してひたすら歩きます。

 

江ノ島の地図だと、今はこの辺(青矢印・クリックすると大きくなります)

頼朝&北条氏に想いを馳せて江ノ島♪5に続く。

LULUSIA-ルルシア-

関連記事

  1. 頼朝&北条氏に想いを馳せて江ノ島♪3

  2. 頼朝&北条氏に想いを馳せて江ノ島♪5

  3. 頼朝&北条氏に想いを馳せて江ノ島♪2

  4. 頼朝&北条氏に想いを馳せて江ノ島♪

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
ページ上部へ戻る