menu
閉じる
  1. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  2. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  3. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  6. いもうと(頼朝と政子)
  7. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  8. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  9. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  10. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  6. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―38
  8. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―37
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―36
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

挿絵イラストが描けない時に加工してオリジナルにする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イラストまで全部描ければいいんですけど

テキストだけで手一杯とか
イメージに合った絵はなかなか描けないもの
依頼するとお金と時間かかるしね。

で、写真やイラストを加工して挿絵イラストにしちゃう方法です。
あ、Kindle用は画像サイズ気をつけなきゃなんだけど
とりあえず挿絵ってーくらいの手軽さでやりたい時にやってます。

まず、無料の素材集からイメージに近い写真をもらってきます。
(今回は写真ACさん)

もちろん、それをそのまま貼り付けてもいいんですけど
それはちょっと〜って私は思うタチなので
加工してしまって元の状態がよくわからないところまで変えちゃいます。

<元画像がこちら>

 ↓ ↓ ↓
<粒子入れてみる>

 ↓ ↓ ↓
<斜め上から青を入れてみる>

 ↓ ↓ ↓
<テクスチャ入れてみる>

 ↓ ↓ ↓
<グラデーションを乗っける>

 ↓ ↓ ↓
<色味を落としてみる>

 ↓ ↓ ↓
<角度変えてもう一つ光グラデーション>

 ↓ ↓ ↓
<レイヤー順番入れ替えて光を調整>

 ↓ ↓ ↓
<光を一つ渦巻状に変形>

 ↓ ↓ ↓
<一応完成>

すっごい単純に順番にしましたけど(^^;

各レイヤーの不透明度を変えたり
覆い焼きやオーバーレイにしたり
二重に重ねてみたりしてます。

イラストだか写真だかよくわからなくなったら
それでいいやー、と適当な感じで。

気をつけなきゃなのは、元に戻したくなっても
加工が進むと基本的には戻せないので
元画像はそのまま残しておいて、
コピーしたレイヤーを加工しまくることでしょうか。

私がよく使うのは
「雲模様」「色鉛筆」「ノイズ」「グラデーション」です。
そしてレイヤー属性は「オーバーレイ」と「焼き込み」。

ほとんど偶然に頼って加工しているので
同じのを作ろうとしてもほぼ再現出来ません。

一発で決まればいいんだけどねー……

関連記事

  1. アマカケル北条の姫

    「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始しま…

  2. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速い…

  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(…

  4. 20万字の長文を目次つけてKindle化(Macで縦書き)その3…

  5. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(…

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
ページ上部へ戻る