menu
閉じる
  1. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  2. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  3. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  4. いもうと(頼朝と政子)
  5. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  6. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  7. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  8. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  9. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  10. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
閉じる
閉じる
  1. <鎌倉少年隊>を新しく妄想中・梵天(平盛綱)
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―44
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  8. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  9. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―38
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

20万字の長文を目次つけてKindle化(Macで縦書き)その3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

LULUSIA-ルルシア-

 

さて、今回はいよいよe-pub用の目次設定です。

まず「Hagoromo」の初期設定をしましょう。

Kindleで目次として認識させるのは
「アウトライン」または「ブックマーク」

私は「アウトライン」構造で目次を作ることにしました。

いきなり文章全部コピペする前に
「章」や「節」を踏まえて
目次の構成をあらかじめイメージしておきます。

メニュー > 環境設定 > アウトラインを選んで
各レベルの設定を選択し、「レベル1〜5」の設定をしておきます。

行頭記号/数字 → space
行頭に親レベルのリストマーカーも表示 → チェックを外す

(参考にさせていただきました。)
RYOSUKE HAGIHARA – Macで電子書籍を作るならHagoromoが最適 〜 縦書き・目次・epub対応のエディタ-

space ではなく ◆ や ・ を使用するのもありなのですが、
そのへんはお好みで。

e-pubで反映されるのは、レベル0〜2だけなので
レベル1と2だけ設定しておけば大丈夫です。

私の場合、
初期設定はしてみたものの、なかなか思い通りに設定出来ず
とりあえず新規書類を作ってから最終的に整えました。

  • メインタイトル(文書タイトル?)がレベル0
  • 子(各小説・あとがき)がレベル1
  • 孫(章)がレベル2

一つのファイルの中に一つの小説なら
タイトルの次にいきなり章立てやあらすじを入れて大丈夫なので
そんなに悩まなかったのでしょうが

今回は小説3つ。各々の直下に章立て。そんで最後にあとがき。
つまり、サブ4つにその配下という構造だったので
最初は混乱しました。

おまけにリスト君ってば、弟とか叔父とか言い出すし
下手に改行を削除したり詰めちゃったりすると
構造が破壊されちゃったりするし大変でした。

 

     

  1. 新規書類作成
  2. ファイル>新規書類>ウィンドウ表示縦書き

     

  3. タイトルをベタ打ちしていく
  4. 今回は、3つの小説が中に入っている構造。

    <メインタイトル(書籍タイトル)>
    「アマカケル ―北条の姫―」 << これがHagoromoでいうレベル0というのに気づくのに時間がかかりました。

    <中身>
    1つ目の小説「アマカケル ―北条の姫―」
    2つ目の小説「琥珀の龍紋―北条時政―(アマカケル外伝・壱)」
    3つ目の小説「木にも草にもあらぬ―鞠姫―(アマカケル外伝・弐)」
    あとがき

    各小説にそれぞれ章立てがされているという構造。

     

  5. せっせと子作り
  6. まず、1つ目の小説「アマカケル ―北条の姫―」の行を選択して
    アウトライン>子を追加

    すると、次の行にインデントされて入力出来るようになるので、そこに「序章」と。
    ここから第一章、第二章と追加していくのですが、まぁとりあえず次に行きます。

     

  7. 次男を生む
  8. 2つ目の小説「琥珀の龍紋―北条時政―(アマカケル外伝・壱)」
    この行を選択して、また子作り。

     

  9. 三男誕生
  10. 3つ目の小説「木にも草にもあらぬ―鞠姫―(アマカケル外伝・弐)」
    こちらの行も選択して、子作り。

    ・・・で、この状態でe-pub書き出ししてみたんだけれど、
    これだと序章とか第一章は目次として認識してくれない。
    そりゃ、そうだ。リスト化されていないから。

     

  11. 孫の誕生
  12. というわけで、④⑤⑥で生まれた子に、更に子を追加。
    孫が生まれます。孫は各章の中身、つまり本文のことです。

     

  13. e-pub化してみる
  14. ファイル>e-pubとして書き出し

    すると、タイトルや著者、ジャンル、カバーイメージなどの
    設定画面が表示されます。

    カバーイメージについてはまた後日。

    とりあえずドラッグして画像ファイルを入れます。

    「アウトライン」「ブックマーク」から目次を作成する
    ここはもちろん「アウトライン」

    で、その下のプルダウンメニューは

    ・レベル0−2の内容を目次として使う
    ・レベル0−2の前で改ページする

    にチェックを入れて
    出版日付も適当に入れて

    >>書き出すボタン

    すると、epub.形式で書き出すファイル名をつけられるので、
    適当な場所にそれを書き出して保存。

    で、書き出されたe-pubファイルを
    ダブルクリックで開いてみます。

    MacbookAirだとiBooksが起動しました。

    で、待ってると表紙が表示され、
    最初のページ(目次)がぱらりとめくられます。

    そのリンクを辿ってみれば、各ページに飛ぶというわけ。

     

  15. 本文を入れ込む
  16. では、各章の子どもとして本文をコピペしていきましょう。

    面倒だし、他にいい方法はあるんだろうけど
    何度か、叔父だー、弟だー、やってる内に構造が壊れて
    何がなんだかわからなくなることが私は起きたので
    シンプルにテキストから章ごとにコピペしました。

    あー、それで各章の本文を入れた後に章を追加する時は
    「叔父さんを追加」します。

    もしくは、各章の行を選択している時に「弟を追加」してもいいんだろうけど。
    どちらでも最終的に綺麗に揃ってればいいです。

    綺麗に構造が出来たどうかの見分けは
    インデントの高さを参考に。
    気をつけて作業しましょう。

    「Hagoromo」だと綺麗に出来ていそうなのに、
    e-pubにしてみるとズレてるとかもありました。

    結局、ベタで章を打っていって
    内容をコピペするのが一番シンプルでした。

・・・が、ここで問題が!

書き出したe-pub原稿を
iBooks で読んでみたんですが
目次の各章のリンクを認識してくれないのです。

なんでだー?
何が違うんだー?

しばらく悩みましたが
諦めました(オイ)

で、iPhoneにそのe-pubデータを送って
確認したところ

「あら、章リンク生きてるじゃん」

iBooksのバグなのかよくわかりませんが、
とりあえずレベル0〜2は
目次できちんと稼働しましたのでOKです。

(続く)

 

関連記事

  1. アマカケル北条の姫

    「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始しま…

  2. 挿絵イラストが描けない時に加工してオリジナルにする方法

  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(…

  4. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(…

  5. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速い…

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. <鎌倉少年隊>を新しく妄想中・梵天(平盛綱)
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―44
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―41
ページ上部へ戻る