menu
閉じる
  1. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  2. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  3. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  4. いもうと(頼朝と政子)
  5. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  6. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  7. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  8. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  9. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  10. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  6. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―38
  8. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―37
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―36
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉しいわ〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon の KDP に「内容詳細」について問い合わせしました〜

少し前の記事で書きましたが、商品ページの内容紹介に変なコードが入ってしまうので、それをなくすために無理やり改行をとっぱらった結果、すっごい見にくいことに・・・。また、途中で文が切れているという始末になっておりました。

が、今日の午前中に見てみたら・・・

「あら、文章が全部表示されてる」

それはいいんだけどね。

いいんだけどさ・・・

これ、ひどくないっすか?
読みにくいこと、この上なし(^^;

とりあえず、Amazonさんも気づいて、不具合対応で動いてるってことで
ってことは、修正できるかも?!

と勇んで、KDP のマイページから修正しようとしたら

 ↓ ↓ ↓

だそうな。
ロックかかってんなら仕方ない。

で、Amazon KDP さんに問い合わせフォームから連絡してみました。

「こっちからはロックされてて改行出来ないので、直して〜」って。

そうしたら2時間くらいでお返事かえってきました。

結局「予約中でロック」されてるせいか、管理側からの変更も(出来ないのか、やらないのかはわかりませんが)されないそうなんですけど、販売開始されたら修正可能になるそうです。

仕方ないかー。

とは言え、Amazon の対応がはやくて安心しました。
ありがとー。

今回は「内容紹介」「内容詳細」でしたが、

変なコードとか出て困ったら
とりあえず連絡すれば、Amazonさん対応してくれそうです。

そういえば、Amazon さんって、在宅ワーカー募集してたよね。
皆さん、ピコピコとリモート対応してるんですね〜
お疲れ様です。

私もそのうち応募しようかなー(笑)

関連記事

  1. アマカケル北条の姫

    「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始しま…

  2. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(…

  3. 20万字の長文を目次つけてKindle化(Macで縦書き)その3…

  4. 挿絵イラストが描けない時に加工してオリジナルにする方法

  5. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(…

おすすめ記事

  1. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Macで縦書き・無謀勝負)その1
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡・妄想誤訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon 出版物(電子書籍)


「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)



捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ポチで応援おねがいします

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

  1. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
ページ上部へ戻る